【ほいけんた】歌は本当にうまい?鬼レンチャン動画で絶対音感や声質を調査! 

エンタメ
スポンサーリンク

明石家さんまさんのものまねで有名なほいけんたさんが2022年9月25日に放送される「千鳥の鬼レンチャン 秋の3時間スペシャル」に登場します。

ほいけんたさんは約2年前の2020年10月9日の回に出演して話題になりました。

千鳥達が独特のほいけんたさんの歌声をいじるのがおかしくて神回との声も出ていました。

しかしほいけんたさんのカラオケの音程を外さない実力は折り紙付き!

そんなほいけんたさんは歌が本当にうまいのでしょうか?よくいじられる声や鬼レンチャンの動画や絶対音感の噂について調べてみました。

スポンサーリンク

【ほいけんた】の地声って?歌声や声質に歌唱力の評価などをまとめてみた!

まずはほいけんたさんの歌について調べてみると「ほいけんた 地声」って出てきます。

ほいけんたさんの地声って違うんでしょうか?

調べてみるとほいけんたさんは通常は明石家さんまさんのものまねを中心にやっているので、ハスキーで高音でしゃべっているのですが、地声は低くてものすごいイケボであることがわかりました。

めっちゃ低音で良い声でさんまさんのものまねとのギャップがすごいですね。この声質を生かしてクリス・ペプラーさんのものまねもされています。

いい声なのでもっとナレーションとか声優とかのお仕事もできそうですね。

そもそも、ほいけんたさんは郷ひろみの「言えないよ」でカラオケバトルで100点満点を出したのが、明石家さんまさんのものまね以外に歌で注目され始めたきっかけのようですね。

ものまねのイメージが強いのでギャップもありみな「すごいうまい!」と驚いたようです。

この時は皆ほいけんたさんが郷ひろみさんのものまねをしながら歌っていると思って感心したようですが、実際ほいけんたさんはカラオケバトルの番組では真剣に歌っていてものまねはしていないらしいです。

郷ひろみっぽいの声はほいけんたさんの歌声の地声なんですね。「千鳥の鬼レンチャン」の時はどの曲も郷ひろみの入ったような声で歌っていました。

この郷ひろみっぽい歌声のがとてもおかしくて鬼レンチャンでは独特の歌声にツッコミがはいってずいぶん受けていました。

そんな鬼レンチャンの動画でほいけんたさんの歌についてさらに詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

【ほいけんた】歌は本当にうまい?鬼レンチャン動画で実力をチェック!

ほいけんたさんが2022年10月9日に「千鳥の鬼レンチャン」に出演した時の動画はこちらです。

ほいけんたさんは、鬼レンチャンで6曲目まで鬼レンチャンしていました。

ほいけんたさんの鬼レンチャンの歌の特徴は

  • あくまでも音程とリズムを性格にとってクリアするという目的を達するために歌っている
  • 男性の歌だと高音域が出ないので女性の歌をオクターブ下で歌う

ということです。

ほいけんたさんは歌手でもないですし、ものまね芸人でもうたまねが主でないのですからプロと比較すると歌唱力はそこまで発揮していません。

つまり高音域を朗々と歌うとかビブラートやシャクリやファルセットなどの技術を使ったり、情感を込めて歌うなどの、観客にきかせるような歌唱力の技術に重視を置いていないようですね。

「千鳥の鬼レンチャン」の中でよく俺の歌い方が面白いと言われますが、集中し、真剣に歌っているだけですので肝心の音程はしっかりキープしています♪

ほいけんたオフィシャルブログ

上手に歌うというよりもカラオケを間違えずに歌うという一種のゲームに真剣に取り組んでいる様子です。

ですから歌がうまいというよりも機械判定に対してめっちゃ正確に歌おうとしている感じですね。もちろんどんな歌でも音程から外れず歌えるだけで普通の人よりはずいぶんうまいんですけど・・・。

ですからほいけんたさんが歌が上手いかどうかどうかについては↑の方のような意見もあるのですが、わざわざそういうことを言うのも野暮な感じですね。

ほいけんたさんの「千鳥の鬼レンチャン」は歌がうまいとかどうかよりもめちゃくちゃ面白いと大人気です。

  • どの歌も声が郷ひろみ
  • 顔がさんまさんでジュディマリの「そばかす」など全然似合わない
  • 顔が真剣すぎておかしい

バラエティ番組としてツッコミやすくてめちゃくちゃおもしろいです。ほいけんたさん1回しか出演していないのに面白いので何度も放送されているんですよね。

歌のうまさに関しては、ほいけんたさんも鬼レンチャンみたいなしばりがある場所ではなく真剣に人に聞かせる場所で歌ったらきっともっと上手に歌えるのではないかと思いますね。

なぜならほいけんたさんには絶対音感があるから・・・

スポンサーリンク

【ほいけんた】歌が評価される理由は?絶対音感の持ち主の噂を調査!

ほいけんたさんはこれほどまで歌が評価されるようになったのは絶対音感があるので音程を正確にとって歌えるからです。

ほいけんたさんは絶対音感があるあると言われていますが、その根拠はどこにあるのでしょうか。

調べてみると、ほいけんたさんは絶対音感があると自分で言っているようです。

番組では、ものまねなど交えて歌ったので最初から100点は出ませんでしたが、本来、絶対音感があるので、普通に歌えばある程度正確に音程を合わせられるんです!

ほいけんたオフィシャルブログ

歌い方は面白いのかも知れませんが、持前の絶対音感は伊達じゃない!!100点を出せる実力があっても鬼レンチャンでは結果を残せず(汗)

ほいけんたオフィシャルブログ

ほいけんたさんは絶対音感がもともとあると主張されています。

絶対音感とは聞こえてきた音の高さを他の音と比較せずに瞬時に把握できる能力です。絶対音感を持つ人は人口の1%未満と言われています。

絶対音感を習得するためには年齡が低いほど可能性が高く、幼児の時から保護者の協力のもと適切なレッスンを行わないと大人になってからはいくら訓練しても習得できない音感です。

大人になってから訓練で身につけられるのは相対音感といって基準の音に対して音程差を正確に判別できる能力です。

ほいけんたさんは自分で絶対音感があると言われているのは、厳密な意味での絶対音感で幼少期から音楽の専門教育を受けていたのでしょうか?

それとも基準音に対して音程がしっかりとれるという相対音感的な意味で、音程が間違えないという意味で言っているのでしょうか。

ほいけんたさんが幼少期から専門的な音楽教育を受けたかどうかは生い立ちを見ても、東京都中野区生まれ日野市育ちという部分しかわからず、詳しいことがわかりませんでした。

しかし絶対音感があるということは、親が音楽家だったとかごく幼い時からピアノを習っていたとかあるのかもしれませんね。ほいけんたさん現在57歳の男性だということを考えると意外とお金持に余裕があって文化的な家庭に育ったお坊ちゃまなのかもしれません。

また、ほいけんたさんは、カラオケに週何回も通って100点を連発しているということです。たぶん歌がお好きなんでしょうけど仕事の域を超えて歌の練習がすごいですね。

プロよりもカラオケを歌いこんでいるのではないでしょうか。歌がうまいのも努力のたまものだと思います。

もともと器用な人の上に努力して習得することができる人なんでしょうね。さんまさんのモノマネも顔が似ているというだけで、声や関西弁なども練習して習得したのでしょうし、

  • ものまね
  • 手品
  • バルーンアート
  • パントマイム

などもプロとして活躍しているのですごい人なんです。

ということで、ほいけんたさんは絶対音感の持ち主と自らおっしゃられており音程を正確にとることができることがわかりました。そのために歌もとても上手だというこことがわかりました。

またそしておそらく凝り性でカラオケで100点出すのもすごい練習もしているようですね。ほいけんたさんは今後カラオケ番組などの歌のお仕事でもさらに活躍していくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

合わせて読みたい!最近の人気記事

ながたまやのwiki風プロフィール!大学は国立音大!出演ミュージカルや動画など歌おねえさんの実力に迫る!

THE UNCROWNEDのSHALの死因は?年齢(享年)は何歳?若くて不憫すぎる!

福山雅治の副業って何?Bar松見坂は閉店で他のビジネスについて調査!

コメント

タイトルとURLをコピーしました