886702509

サーチュイン遺伝子を活性化させる食べ物とは何?老化を遅らせる食材を調査!【カズレーザーと学ぶ|今井伸二郎】

エンタメ
スポンサーリンク

2023年1月17日に放送される日本テレビ系「カズレーザーと学ぶ」

今回は東京工科大学の免疫食品機能学教授の今井伸二郎先生【長寿遺伝子「サーチュイン」老化を遅らせる夢の食材」と題してお話されるということです。

興味深い話で楽しみですね。いったいどんな食材が老化を遅らせるのでしょうか?

めちゃくちゃ気になるのでまとめてみました!

スポンサーリンク

長寿遺伝子「サーチュイン」とは?

2023年1月17日のテレビ番組「カズレーザーと学ぶ」で取り上げられたサーチュイン遺伝子

今回登場したのはサーチュイン遺伝子研究をしている東京工科大学教授の今井伸二郎先生です。

今井伸二郎先生は東京工科大学の応用生物学部応用生物学科の教授で医学博士号を持っています。元々は東京大学農学系研究科修士課程を出て日清製粉で研究員をされていたという経歴です。

今井伸二郎先生はアレルギーや老化を予防する食品の機能について研究されているということです。

さてサーチュイン遺伝子とはなんなのでしょうか?

老化や肥満抑制に関与する酵素が「サーチュイン」でサーチュインは細胞の維持や増殖に関与するアセチル化タンパク質のアセチル基を取り除く働きをしていて、その酵素を活性化することで寿命の延長や肥満抑制につながると考えられています。

サーチュインの遺伝子は長寿遺伝子と呼ばれているということです。

さて今井伸二郎先生の研究でわかったサーチュイン遺伝子を活性化する食べ物とは一体なんなのでしょうか?

スポンサーリンク

サーチュイン遺伝子を活性化させる食べ物とは何?老化を遅らせる食材を調査!

今井伸二郎先生の研究ではいろいろな食品の成分を研究してサーチュイン遺伝子が活性化して老化を遅らせることができるのではと考えられています。

ずばりその食品とはなんでしょうか?

今井伸二郎先生の研究を調べてみると以下のような食品についてサーチュイン遺伝子を活性化すると考えられているようです。

  • 小麦やライ麦の外皮(ブランパン、全粒粉パン、ライ麦パン)⇛アルキルレゾルシノールがサーチュイン遺伝子を活性化するから
  • ザクロジュース

小麦やライ麦の外皮を与えたショウジョウバエの実験で寿命が20%伸びたということです。

つまりライム麦や小麦のふすまとよばれる外皮が含まれたパンを食べることで寿命が伸び、肥満や糖尿病に効果があるのではないかと考えられています。

またザクロジュースも1日一杯飲むといいということです。

ザクロジュースはどこで買える?コンビニ・カルディ・コストコ・成城石井など販売店を調査!【カズレーザーと学ぶ】

スポンサーリンク

サーチュイン遺伝子を活性化する食品の通販!ベースフード

さて全粒粉のパンやライ麦パンがサーチュイン遺伝子を活性化させるということですがおすすめの食品がこちらのベースフードです。

ベースフードは26種のビタミン&ミネラル、約30gのたんぱく質、約6gの食物繊維など 、からだに必要な栄養素がぎゅっとつまった完全栄養の主食。

全粒粉でつくられたものが多く、パンやパスタやクッキーが通販で届きます。

継続コースだとセットで毎月届くのでいちいちお買い物をしなくていいので便利です。

継続コース初回は20%オフ

スタートセットはパン16袋セットが3,172円、パン10袋&パスタ4袋セットが3444円など。

サーチュイン遺伝子にも関係する全粒粉の主食がとれるので気になった方はお試ししてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

サーチュイン遺伝子の関連記事

サーチュイン遺伝子が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

日比野佐和子(医師)の出身大学はどこ?学歴を調査!【カズレーザーと学ぶ】

ザクロジュースはどこで買える?コンビニ・カルディ・コストコ・成城石井など販売店を調査!【カズレーザーと学ぶ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
こがねブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました