スポンサーリンク

田中富弘のwiki風経歴&学歴は?統一教会会長の国籍や結婚も調査!

ニュース・事件

今回は旧統一教会(世界平和統一家庭連合)の日本の会長の田中富弘氏について取り上げます。

名称についてはややこしいのでこの記事では統一教会と書かせていただきます。

安倍元総理大臣を狙撃した山上徹也の犯行動機が母親が統一教会に多額の寄付をして家庭崩壊したことにより逆恨みと見えてきましたが、これに伴い統一教会が記者会見を行いました。

そこで出てきたのが田中富弘会長です。いったいどんな人物なのでしょうか?

スポンサーリンク

統一教会の田中富弘会長が会見

2022年7月11日統一教会の田中富弘会長が会見をしました。

安倍元首相を狙撃して殺害した山上徹也容疑者が「母親が統一教会に入信して多額の寄付をしたことで家庭が崩壊し恨みをもっていた」「安倍元首相が統一教会と関係があると思って殺害を計画して狙っていた」という供述を受けてのことです。

会見内容は

  • 安倍元首相と統一教会の関係を否定(メッセージを受けたことはある)
  • 山上徹也容疑者の母親は正会員で月に一度ほど参加
  • 山上徹也容疑者は信者ではない
  • 山上徹也容疑者の家庭が破綻したことは知っている
  • 破綻の事情は知らない
  • 破綻後に高額の献金を要求したことはない

ということでした。

破綻していたのは知っていたけど事情は知らないっていうところがやはり矛盾があるような気がします。

統一教会の本部は韓国にあり現在の代表は教祖の文鮮明の妻の韓鶴子ということですから、この会見に応じている田中富弘会長は日本の統一教会の代表なんでしょうね。

いったいどんな人物なんでしょうか?

統一教会が社会問題になるような霊感商法や多額の献金を募るというところからは血も涙もない教団幹部みたいな感じがしますが、どんな人生を辿ってきたのでしょうか。

田中富弘氏の経歴などについて調べてみました。

スポンサーリンク

田中富弘のwiki風経歴&学歴は?統一教会会長の国籍や出身地も調査!

まずは田中富弘氏の簡単な経歴をチェック!

  • 名前:田中富弘
  • 生年月日:1956年3月4日(66歳 2022年7月現在)
  • 出身地:北海道北広島市
  • 大学:北海学園大学工学部建築学科
  • 第14代 世界平和統一家庭連合(統一教会)会長

ということで田中富弘氏は北海道に生まれ、北海道の北海学園大学工学部に在学中に統一教会に入信したようです。

その後は統一教会一筋の経歴ですね。

1976年 2月12日 統一教会に入教
1982年10月14日 6000双の祝福を受ける

【経歴】
1978年 4月~1982年9月   全国大学原理研究会(CARP)支部長
1982年10月~1989年9月  国際基督教学生協会(ICSA)幹事
1989年10月~1997年9月  調布教会教会長
1997年10月~2001年3月  統一教会 青学部長
2001年 4月~2013年8月  世界平和青年連合(YFWP)事務総長
2013年8月30日 統一教会 青年学生局長
2015年1月 5日 統一教会 副会長
2020年10月13日 世界平和統一家庭連合 第14代会長に就任

田中富弘と検索すると「国籍」と出てくるので皆、韓国人ではないかと思っているようです。

顔立ちが韓国人ぽく感じられる点やまた統一教会が韓国の新興宗教であることから、韓国人か?と言われるのではないでしょうか。

しかし北海道出身ですし、特にそのような情報はないので韓国人ではなく国籍は日本人なのではないかと思います。

ちなみに田中富弘氏の収入や資産については以下の記事に書いていますので良かったら読んでみてください。

田中富弘の資産や年収は?統一教会会長の金銭事情を調査!

スポンサーリンク

田中富弘の入信のきっかけや結婚は?

田中富弘氏の詳しい入信のきっかけについてはよくわかりませんでした。

しかし経歴を見ると20歳の大学生の時に入信しているので、当時大学生に熱心に勧誘活動をしていた「原理研究会」がきっかけではないかと思います。

サークル活動のような感じで勧誘され、そこですっかり信者になってしまったのでしょう。

大学を卒業してからはさらに全国大学原理研究会の支部長になっているので、彼には原理研究会がとてもフィットしたのでしょうね。

統一教会の物を売り歩いたり、勧誘をしたりという厳しいノルマのある活動もこなして、幹部になっていったのですから、非常に信仰心も厚いくて真面目でガッツのある人物ではないかと思います。

また結婚については経歴をみると「1982年10月14日 6000双の祝福を受ける」とあります。これは合同結婚式のことだと思います。

統一教会では文鮮明がマッチングした相手を結婚することが祝福なので、教団の幹部候補生の田中富弘氏は1982年の26歳の時に合同結婚式で結婚をしたのではないでしょうか。

お相手は文鮮明がマッチングするので国籍が何人なのかはわかりません。田中富弘氏は有望な幹部候補だったでしょうから、きっと教団内のよりすぐりの美人と結婚したのかもしれませんね。

おそらく子どもも生まれ、もしかしたら孫も生まれ宗教2世3世ができている可能性も高いですね。

スポンサーリンク

田中富弘の関連記事

田中富弘氏や統一教会が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

  1. 唐雅菊 より:

    私の母親も統一教会から五重の塔を5,000,000で買わされました。
    死んでから押し入れから領収書が出てきました。

タイトルとURLをコピーしました