スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の伊賀の方役は誰かキャスト予想!北条義時の後妻の人物像やいつ登場かも解説!

鎌倉殿の13人

2022年1月9日から放送されているNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。

三谷幸喜脚本がコメディタッチでめっちゃ面白いです!

鎌倉時代前のこの時代のことはあまりよく知らないのですが、脚本が優れていて人物のキャラが立っているので自然にどんな人物かわかりますね。

そんな鎌倉殿の13人ですが、豪華なキャストも期待度が高いですね。

三谷幸喜さんはあてがきされるので、この歴史上の人物に誰をキャスティングするのか想像するのも楽しみの一つです。

大方のキャストは発表されていますが、まだまだ重要人物で発表されていないキャストもあります。

それは伊賀の方

主人公の北条義時の後妻の役なので誰が起用されるのか、ネット上でも盛り上がっています。

この記事では伊賀の方が誰なのかネットの予想なども参考にしつつ予想していきます!

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人伊賀の方役は誰?キャストを予想!

伊賀の方は北条義時が、姫の前と離縁した後の後妻です。

どんな人物だったのかは後述しますが、自分の子供を幕府執権にしようとはかり、娘婿を将軍にしようと図るなど、いろいろ図る野心的で悪い女っぽい役ですね。

美人なだけではつとまらない演技力の必要そうな役なのです。

三谷幸喜さんはお気に入りの俳優さんたちを毎回起用する傾向もあるので、三谷幸喜さんが以前に起用したことのある女優さんなのではと予想されます。

特に三谷幸喜さんが書かれる脚本ですからコメディエンヌの才能もある人ではないかとも思います。

またNHKドラマで活躍したことのある女優さんも候補にはいることでしょう。

もし亡くなっていなかったなら、三谷幸喜さんのお気に入りの竹内結子さんも候補に入っていたのではないでしょうか。

そんなこんなで以下の女優さんの名前を鎌倉殿の13人の伊賀の方役候補にあげてみました

  • 長澤まさみ
  • 吉田羊
  • 岸井ゆきの

その中で伊賀の方を予想してみました。

スポンサーリンク

伊賀の方のキャスト発表!菊地凛子に決定!(2022年6月8日追記)

【追記】

2022年6月8日に「鎌倉殿の13人」の伊賀の方のキャストが発表されました。

俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の追加キャストとして、北条義時の“第三の妻”のえを演じる菊地凛子の出演が決定した。菊地が大河ドラマに出演するのは今作が初となる。

ヤフーニュース

伊賀の方は菊地凛子さんでしたか!

いや~!いいですね!さすがいい役者さんを揃えていますね。

伊賀の方は義時を毒殺したのではないかという疑惑もある女性。

義時の死後は自分の子を執権にしようと乱が起き、北条政子によって伊豆に流されてしまいます。

企みがありそうな悪女で、しかも何を考えているのかわからない魅力のある女性像にぴったりだとおもいました。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の伊賀の方は長澤まさみでは?ナレーションだけではもったいない!

長澤まさみさんは鎌倉殿の13人でナレーションをやっています。

  • 名前:長澤まさみ
  • 年齢:34歳
  • 身長:168㎝
  • 事務所:東宝芸能

ささやくような声のナレーションが心地良いとも聞き取りづらいとも言われています。

役者なのですから、いくらでも声を張ることはできると思うのでそういう演出なのだろうと思います。

長澤まさみさんは前回の三谷幸喜さんの大河ドラマ「真田丸」でも主人公真田信繁の幼馴染であり、好きだけど結ばれず、腐れ縁のような感じで最後までついていくという役回りでした。

三谷幸喜さんがそんな長澤まさみさんをナレーションだけで起用するとはおもえず、長澤まさみさんはどこかのタイミングで何かの役で出てくるのではと思われています。

そこで伊賀の方は長澤まさみさんなのではないかと予想している方が多かったです。

小池栄子さん演じる北条政子と互角に渡りあう役柄としては、長澤まさみさんはぴったりで面白くなるのではともいました。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の伊賀の方の登場時期は?

伊賀の方の登場時期を予想します。

参考にするのは大河ドラマで同じような題材を選んだ1979年「草燃える」です。

草燃えるでは伊賀の方は登場しません。

ただ比企滅亡がするのが9月4週目の「比企滅亡」。

その後の出演なのでは伊賀の方は10月ごろ登場して最後まで出演するのではないでしょうか。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の伊賀の方の役柄は?どんな人物?

伊賀の方はどのような人物なのでしょうか?

  • 夫、義時の死後、幕府執権に、娘婿を将軍にしようと企てて失敗し流罪になる。
  • 義時毒殺疑惑もある

伊賀の方は鎌倉殿の13人の主人公北条義時の後妻です。

比企氏の娘の姫の前と義時が離縁した後、すぐに後妻となったということです。

政村、実泰の男児を生みます。

吾妻鏡によると義時が急死、その後たいてい北条泰時が後継者だろうと皆思っていました。

しかし伊賀の方は伊賀宗光という兄弟と凶暴して、政村を執権に、娘婿の一条実雅を将軍にしようと企てる、伊賀氏の乱を起こします。

結果、伊賀の方は流罪になったということです。

ただこれはすべて伊賀氏を潰すための北条政子のでっちあげという説が濃厚です。

義時の死後の話ですから、鎌倉殿の13人でこの伊賀氏の乱を取り上げるかどうかわわかりません。

また伊賀の方には「義時毒殺疑惑」もあります。

藤原の定家の日記「明月記」に、一条実雅の兄で承久の乱の首謀者の尊長が、乱の三年後に捕まって六波羅探題につれてこられた。

その時に「早く首を切れ。さもなければ義時の妻が義時に飲ませた薬で早く自分を殺せ」と叫んだということです。

周りの武士たちが問い詰めると「今から死ぬのだから嘘はいわん」と答え、六波羅探題の人を驚愕させたという記述があります。

尊長は伊賀氏の乱で将軍に推された一条実雅の兄なので陰謀を聞いて知っていたと信ぴょう性が高い情報だと思われ、伊賀の方が義時を毒殺したという疑惑が続いています。

最近では毒殺説は否定されていますが、三谷幸喜さんがドラマとしてその説をとり義時の死を毒殺というドラマチックな話にすることもありえるかもしれません。

ちなみに伊賀の方は伊豆に追放された4ヶ月後に危篤となり死んだのではないかと言われています。

伊賀の方の息子の政村は、その後第7代執権になっています。

スポンサーリンク

鎌倉殿の13人の伊賀の方役が気になる方への関連記事

鎌倉殿の13人の伊賀の方が誰になるか気になる方へはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました