スポンサーリンク

東京オリンピックの赤字額はいくら?税金で払うのか?IOCは儲かってる?

ニュース・事件

東京オリンピックの無観客開催が決まってしまいましたね。

チケット収入の約900億円が消滅して大赤字!

さて総額はどれくらいになるのでしょうか?

そこで今回は「東京オリンピックの赤字額はいくらか?税金で払うのか?IOCは損なし?」と題しまして、

  • 東京オリンピックの無観客での現在のところの赤字額は?
  • 東京オリンピックの赤字は誰が払う?国か東京都か?
  • IOCは儲かってる?設けはざっくりいくら?

ということで記事を書いてまいりますのでお付き合いくださいね。

スポンサーリンク

東京オリンピックの現在の赤字額は?ざっくりいくら?

東京オリンピックの開催費用は今のところ総額で1兆6440億円だそうです。

これはコロナによる1年延期で追加費用2940億円を含みます。

そして当初の予算で収入は7210億円です。これには不足の事態にかけていた保険金500億円やスポンサーからの増収なども入っているそうです。

でもすでに9230億円の赤字ですね。

それに今回無観客が決定したことでチケット代の900億円がほとんどなくなってしまいそうです。

単純に計算すると赤字は1兆130億円ですね。

そもそも東京オリンピックは最初は世界一コンパクトな大会という理念で当初7340億円という予算でしたが、1兆6440億円に膨れ上がったということです。

ただしコロナ前は国内外からたくさんの観光客がきたりするし、経済効果も大きいと思ったことでしょうね。

それもなくなってしまって、赤字とコロナへの不安ばかりが増してきましたね。

スポンサーリンク

東京オリンピックの赤字は誰が払う?

東京オリンピックの赤字は誰が払うのでしょうか?

今のところ1兆6440億円の費用の分担は、組織委員会が7210億円、東京都が7020億円、国が2210億円となっています。

この内組織委員会の7210億円は、IOCからの850億円やスポンサーからのお金、そしてチケット収入などの大会収入でまかなえる予定の予算です。

つまり赤字分は都と国が税金で払うということですね。

しかしチケット収入の900億円が消えてしまいました。

つまり組織委員会は赤字になってしまうわけです。

赤字が増えてしまった分は、誰が補填するかというと東京都ということに決まっていたそうです。

しかし、東京都はすでに7020億円も出しているし「これ以上出せない」ということになると国が補填することになりそうですね。

すでに丸山五輪大臣は「東京都の財政規模だと払える」と牽制しているそうですし、チケット分の赤字をかぶるのは国か都かと揉めること必至のようです。

スポンサーリンク

IOCは儲かってる?設けはいくら?

IOC(国際オリンピック委員会)は主な収入をテレビ放映見料で得ています。

2大会で2013年から2016年の2大会分で4268億円というので一大会で約2000億円ぐらいですね。

これにプラスしてスポンサー料も入り、2大会分で約1000億円なので1大会で500億円ほど入る予定です。

合わせて1大会で2500億円ですね。

IOCはその収入の90%を支援金として開催国や国際競技連盟に出しているということです。

東京オリンピックでも850億円の支度金を出しています。

まあ10%としても250億円ですので結構な儲けですよね。

その上オリンピック大会で黒字が出た場合は20%IOCがもらうという契約になっているそうです。

このたびの東京オリンピックでは延期によって大変お金がかかったということで、IOCはこの20%をとらないという交渉に応じてくれたそうです。

またIOCの関係者の宿泊費もほとんど日本の組織委員会が払うという話でしたが、これも交渉でIOCが負担するということになったそうです。

かなりIOCはごねたそうですが、それぐらいの痛み分けがあってもいいですよね。

しかしIOCは実際どれだけ儲かっているのかお金の流れについてはまったくわかっていません。

なぜならIOCはスイスにあり、スイスの法律や税制でお金の流れは非公開にできるからです。

ということでバッハ会長を始めとしてIOCの理事たちは他にも財団や関連会社の役員もしていてかなり儲かっているのではないかという噂です。

ということでバッハ会長には「ぼったくり男爵」と米国の新聞で批判されてしまいました。

IOCは放映権とスポンサー料をもらい運営についてはすべて開催都市が負担するという話なので、中止にならないかぎり無観客になろうとあまり影響がないというわけです。

東京オリンピックの赤字が膨らもうと、チケット代が入らないと、IOCの懐はあまり傷まないようですね。

今回の東京オリンピックでもIOCは絶対中止にはしてもらいたくないという事情があるわけですね。

スポンサーリンク

まとめ

ということで東京オリンピックは費用が膨らみ約1兆円ほどの赤字がでそうです。

これは東京都が7000億円以上、それ以外の2000億円以上を国が支払う予定です。

さらに無観客でチケット代の900億円の赤字が積み重なってしまいましたが、これは東京都が払うのか国が払うのか、決まっていません。

IOCは無観客になっても赤字にはならず、放映権料やスポンサー料など収入はあまり変わらないようです。

IOCがいくら儲かっているのかは不明です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました