スポンサーリンク

尼崎住民データ紛失は誰?下請け業者社員の名前や顔画像や会社名も調査!

ニュース・事件

今回は尼崎市の全住民データの入ったUSBメモリを紛失した事件について取り上げます。

2022年6月23日に尼崎市が会見を開き、住民データが紛失した件を明らかにしました。

これは業務委託業者の社員がデータの入ったUSBメモリを業務で持ち出して、居酒屋で飲食そのあと泥酔して路上で寝てしまい、カバンを盗まれたという、間抜けすぎる経緯で起こった出来事でした。

いったいこの路上で寝て住民データ入りのUSBメモリを紛失した委託業者社員は誰なのでしょうか?

名前や顔などはわからないのか調べてみました。

スポンサーリンク

尼崎住民データ紛失の委託業者社員は泥酔して路上で寝込んで鞄を盗まれた!

2022年6月23日に尼崎市の全住民のデータが入ったUSBを委託業者の男性社員が紛失したことがわかり大騒ぎになっています。

ほんとうにこの事件はいろんなやらかしが重なっていて、情報セキュリティの駄目な例に上げられそうな事件となっています。

整理するために事件の経緯を振り返ってみると

尼崎市の「自分は給付対象になるのか」などの問い合わせのためのコールセンターで市民からの問い合わせに対応するため、大阪府吹田市内のコールセンターに尼崎市の住民基本データを運ぶ必要があった(今回のみ!)

2022年6月21日委託業者の社員男性1人がUSBメモリを使い尼崎市市政情報センターからデータを持ち出す(事務所外でのデータ処理やパスワードや暗号化処理は規定しているが、USBメモリを個人で持ち出す許可はしていない)

社員は大阪府吹田市のコールセンターでBIPROGY社社員3名と一緒に作業し、USBメモリを持ったまま居酒屋に一緒にいく

午後7時半から午後10時半ごろまで居酒屋で飲食。最寄り駅で別れる

社員徒歩で自宅に帰宅中路上で寝てしまい、午後2時から3時に目覚めたらUSBメモリが入ったカバンが亡くなっていた

本来ならデータを尼崎市から吹田市のコールセンターに持っていって移した時点でUSBメモリのデータを消去しておけばよかったのでしょう。

しかし居酒屋にカバンを置き忘れたぐらいなら、まだわかるのですが路上で寝てしまうってそんなことがあるのでしょうか。

あまりにも危機管理能力がない間抜けな人だと思います。

それにこの話、ぜんぶ本当なのでしょうか?

いったいこの男性は誰なのでしょうか?勤めていた委託業者はどこなのでしょうか?

スポンサーリンク

尼崎住民データ紛失は誰?下請け業者の社員の名前や顔画像や会社名も調査!

尼崎の住民データ紛失をした委託業者についてはBIPROGY株式会社関西支社と名前がでています。

この会社に関しては以下の記事で詳しく書いているので参考にしてみてください。

尼崎の住基データUSB紛失の委託業者はBIPROGY関西支社!管理がずさんな会社や持ち出し社員ついて調査!

しかしこの紛失した社員はBIPROGYの社員ではなく、関係会社の社員と書かれているので、おそらく下請け、孫請けの会社であると考えられます。

現在のところ下請けの会社の名前も社員の名前も顔画像も公表されていません。

分かっていることは以下です。

  • 社員は40代なかば
  • 20年近く尼崎市の業務に関わっていた

ということである程度ベテランの社員だったようですね。

尼崎市はUSBデータの持ち出しは今回が初めてのことだったということですが、過去にも同様のことはいつもしていて慣れっこになっていたのではないでしょうか。

しかし帰宅途中に泥酔して寝込んでしまい午前2時3時に目覚めるなんて、重要なデータを持っていなかったとしても危ないですよね。

普段からそんなことをしていたのか気になるところです。

詳しいことが分かり次第追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

尼崎住民データ紛失の話は本当なの?社員がデータを売った可能性は?

重要なデータを持っているにもかかわらず、路上で寝てしまうとはあまりにも間抜けなので、本当なのかと疑ってしまいます。

ネット上では、もしかしてこの紛失した社員がデータを闇社会に売り、紛失したという話をしているのではないかという声がありました。

まさかとは思いますが~そう疑われても仕方がないのかもしれません。

今回データを一人でUSBで運ぶことになり、千載一遇の好機として闇社会にデータを売り渡そうと画策したのではないでしょうか。

カバンを盗まれたというのも嘘なのか、路上で寝ているので闇社会の誰かにカバンを盗むように指示をしたとか考えられるかもしれません。

ギャンブルなどで闇金に借金があったりして、尼崎市のデータをもってきたらチャラにしてやるなどと脅されているとか考えられるではありませんか。

下請け業者で長年勤めながらも待遇も悪く、尼崎市にも良い感情を持っていないので、ここで自分の失態で評判を下げて辞めてやろうと思ったのかもしれません。

あるいはBIPROGY社の3人一緒に飲んだという社員の中に悪いやつがいて、社員に一服盛って泥酔させたスキにUSBメモリを盗もうとしたのかも・・・

などというのは考えすぎかもしれませんが・・・

46万人分の個人情報データというのは欲しい人や悪い人にとっては宝のようなものだと思うので、今回の危機管理能力の低すぎる話には何か裏があるのではと思ってしまいました。

スポンサーリンク

尼崎住民データ紛失の関連記事

尼崎住民データ紛失が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました