スポンサーリンク

鈴木砂羽を罵倒した監督は園子温?note記事から試写映画や主演オファー映画は何か予想!

芸能・ゴシップ

女優の鈴木砂羽さんが、2022年4月12日、自分の過去の体験をメディアぷらっとフォームの「note」に書いたことが話題になっています。

鈴木砂羽さんは十数年前のこととして、主演のオファーを受けた映画監督から罵倒されて、席を立ち、オファーも断ることになった経験を書き綴っていました。

一連の映画関係者の「性加害」の報道を見て、怒りを覚えて書いたということですが、この罵倒した監督とは一体だれなのでしょうか?

スポンサーリンク

鈴木砂羽が映画監督からの罵倒事件をnotoで告白が反響!

鈴木砂羽さんの「note」の記事はだれでも読むことができます。

無性に書きたくなって。|鈴木砂羽|note
ずっとこのnoteというものの使い方を考えていました。最初は初回の投稿でも書いたように、自分が興味を持っている分野を色々実験的に表現してシェアできたらな、と考えていました。たぶん主に精神世界的なことや、スピってる経験則を自分なりに書く!としていました。ところがあれこれ捏ね回して考えているうちに、そっちは書こうとするほど...

↑「無性に書きたくなって。」と題したこの記事では、とある映画監督とプロデューサーから罵倒されたという記事です。

鈴木砂羽さんは、映画の主演のオファーを受けて、その監督の試写会を見た後に、監督とプロデューサーと食事をしたということです。

映画の感想を求められたけれど、鈴木砂羽さんは正直言うとその映画に対して良い感想を持てず、それでも俳優の熱演を褒めるなど悪くは言わなかったそうです。

しかし監督は気分を害してしまい、鈴木砂羽さんを罵倒しはじめ・・・という内容でした。

長文ですが、ぜひ鈴木砂羽さんの文章で読んでみてください。

私もこの文章を読むと「なんて嫌な監督なんだろう」という気持ちと「そういうことはよくあるのだろうな」と思いました。

これを読むと、鈴木砂羽さんは、はっきりものが言えるタイプのようですし、女優としての地位も確立していたから席を立つことができたのでしょうが、もっと若くて立場の弱い女優さんだったら、監督の下手にで言われるがままになっていたと思わされます。

さて、やはり鈴木砂羽さんを罵倒した監督が気になりますよね。

いったい監督は誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

鈴木砂羽を罵倒した監督は園子温?

鈴木砂羽さんを罵倒した監督はやはり園子温監督なのでしょうか?

鈴木砂羽さんがnoteに書いた文章を読むとやはり園子温監督ではないかと思われる表現たたくさんありました。

  • サブカル的に活躍していた監督
  • エログロ的な得の中で俳優たちの死闘のような頑張り
  • その横で監督がめっちゃ激しくマスかいてんな
  • 海外の映画賞を多数撮ったばかりの監督
  • 自分の作品の第三弾に君は選ばれようとしている
  • 隣のプロデューサーも一緒に怒る
  • 女優と以前付き合っていたが、その女優が売れたのは自分の功績
  • 女優は自分の元を去った

これらの表現はすべて園子温監督に当てはまりそうです。

  • サブカル映画の監督といえば園子温監督
  • 映画は確かにエログロ的
  • 「紀子の食卓」「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」などで海外の賞を多数受賞
  • 女優と付き合う、女優が売れたのは自分の功績などと女性関係のことを口にしそう

隣のプロデューサーというのは園子温監督の「愛のむきだし」のプロデューサーで先日性被害を告発された梅川氏を想起させますね。

また鈴木砂羽さんは、「性被害」の一連の報道を見て、あの日のことを思い出して、文章を書いたということですから、やはり園子温監督ではないのか・・・とも思いました。

ただし、園子温監督とは違う監督ではと思われる表現もありました。

監督は自分は弱くて酒は飲めないといって、小さなコップにビールを注いで飲みだした。

と、鈴木砂羽さんは書いておられますが、園子温監督はお酒をよく飲む方のようで、業界でも「酒を飲んだ園子温には気を付けろ」と伝説になるほどなどの表現があるので、鈴木砂羽さんが罵倒された監督は園子温監督ではない可能性もあります。

ただお酒を飲むともっと過激な言動をとってしまうので鈴木砂羽さんに対して気をつかって飲まなかった可能性もなきにしもあらずです。

いずれにせよ、鈴木砂羽さんは罵倒された監督の名前は明らかにしていません。

鈴木砂羽さんがnoteに書いたのは園子温監督ではないかというのはあくまでも読んだ私の憶測であり、他の監督である可能性も高いと思います。

スポンサーリンク

鈴木砂羽のnoteから試写映画や主演オファー映画は何か予想!

もしも憶測どおりとして鈴木砂羽さんのnoteの内容と園子温監督の映画作品とは整合性が取れるのでしょうか?

鈴木砂羽さんが試写した映画や、主演をオファーされた映画は何なのか?について考察してみます。

まずnoteの記事の中で時間的に特定できるのは以下の表現です。

  • 十数年前
  • 当時付き合っていた彼(元旦那)から携帯電話が着信

鈴木砂羽さんは2011年10月5日に10歳年下の俳優の吉川純広さんと結婚されています。

そして二人が付き合い出したのは当時の記事から2009年9月だそうです。

つまり鈴木砂羽さんが映画監督に罵倒されたのは2009年の9月から2011年の10月の間と考えられます。

十数年前という表現とも合っていますね。

園子温監督のその時期に試写会をしたであろう映画は

  • 冷たい熱帯魚

ではないかと思われます。

映画の公開は2011年1月29日ですのでその前に試写会が行われたと思います。

内容的には実際に起こった「埼玉愛犬家連続殺人事件」をベースとした物語だそうです。凄惨な描写が物議を醸したともあるので、エログロという表現もあっていると思います。

また、もし罵倒した監督が園子温監督とすれば、主演をオファーされた作品は

恋の罪

かな~と思いました。

「恋の罪」は2011年11月12日に公開された映画です。

実際に起こった事件「東電OL殺人事件」が元ネタとなっています。恋の罪では水野美紀さんが主演。清純派だった水野美紀さんがヘアヌードになったことで注目を集めて、ヒットしました。

水野美紀さんは1974年生まれで鈴木砂羽さんの2つ年下と大体年齢も近く、役も38歳と当時の鈴木砂羽さんと近いのでオファーされた役柄も合っています。

以上、憶測でしかありませんが、鈴木砂羽さんのnoteから映画を予想してみました。

スポンサーリンク

鈴木砂羽を罵倒した監督の関連記事

鈴木砂羽を罵倒した監督が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました