スポンサーリンク

木下大維志(ジャガー横田息子)の通っていた塾はどこ?3年間で塾代1千万以上なのに不合格9校の塾を調査!

有名人の子供

ジャガー横田さんと医師の木下博勝さんの息子の木下大維志くんの高校受験が話題です。

木下大維志くんは中学校受験の時にスッキリ番組内で密着があり人気が出ました。

その後合格した私立中学には進学せず、公立中学校に進学して高校受験を迎えました。

しかし受験の不合格報告をSNSなどであげることからネットニュースなどで話題になり、結果10校受験をしてやっと合格したことが話題となりました。

高校受験でこんなに苦労するのなら、どこかの私立中学に入った方が良かったんじゃないかと思ってしまいましたよ。

さらに先日SNSで塾代が3年間で1千万円以上かかったという話題になっていました。お金持ちだから出せるのでしょうが、そんなにかけて9校も不合格っていうのはいったいどんな塾なのでしょうか?

大維志くんの勉強にも問題があったのかもしれませんが、塾の受験指導に問題というかサービス対価として全然釣り合っていないと思うのですがどうなんでしょう。

木下大維志くんが塾代に1千万円以上かけたという塾はいったいどこなんでしょう?

スポンサーリンク

ジャガー横田の長男、木下大維志の塾代が高額すぎる!

ジャガー横田さんと医師の木下博勝さんの長男の木下大維志くんの高校受験が連日話題になっていました。

木下博勝さんや木下大維志くんがYouTubeやインスタなどSNSで大維志くんの高校受験の不合格を発表し、やっと1校合格したということです。

話題性があるのか連日ネットニュースでも注目されました。

そして2022年4月3日に木下博勝さんが、インスタライブで大維志くんの中学3年間の塾代が1千万を超えているという話になりネットニュースになっていました。

1年間で平均300万円以上!月謝にすると月に30万円弱になりますが・・・

凄い額ですね~

どう考えても中学生の塾で、その金額はめちゃくちゃ高額ですよね。

開業しているお医者様だし芸能活動もしているので十分払えると思いますし、なんなら大維志くんが有名になることや私生活を出すことで収入アップになっていると思いますので、十分ペイできているのかもしれませんが・・・

それにしても高くてびっくり!!

しかも10校も受けて9校不合格だったというのは、あまりにもパフォーマンスが悪いのではないでしょうか?その塾大丈夫なのでしょうか?

木下家的にはどうなのかわかりませんが、私が親だったら不満です。

大維志くんが勉強しなかっただけかもしれませんがね・・・

そんな高額な中学生用の塾って、いったいどこの塾なのか知りたいです。

そしてなぜ大維志くんが高校受験でなかなか合格しなかったのか知りたいです。

木下大維志くんが通っていた塾が気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

木下大維志(ジャガー横田息子)の通っていた塾はどこ?3年間で塾代1千万以上なのに不合格9校の塾を調査!

木下大維志くんが通っていた塾については名前は公開されていません。

ただし値段から推測すると集団塾ではなくて、個別指導塾ではないかと思います。

例えば全国展開している高額な個別指導塾は以下のようなものがあります。

  • 個別指導のトライ
  • 明光義塾
  • 東京個別指導学院
  • トーマス

また木下博勝さんもYouTubeの中で個別指導塾と言っています。

また以前は木下大維志くんは医学部志望といっていたので、もしかすると医学部受験塾の中学生講座に通っていたのかもしれません。

  • メディカルラボ
  • 富士学院
  • メディックトーマスなどなど

細かい所は違っているかもしれませんが、YouTubeで塾について語っていたことによると以下のような感じのようです。

  • 中2の1月頃まで週2回(高校受験対策)
  • 中2の1月ごろから本格的に受験勉強を開始
    • 週5回(志望校の都立国際受験対策)
    • 3年生2学期からは週6回2コマ 受験対策&学校
    • 3年生11月から志望校変更(東大附属編入)→小論文対策
    • 志望校を私立に変更し過去問対策(1日6コマ)

などという内容になっていました。

個別指導塾も講師によって値段が違い、大学生のバイトとは別にプロ講師というのがあって、プロ講師の場合は結構高額です。1コマ5,000円以上かもしれませんね。

全体的にどれくらいかわかりませんが、3年生になってからはむちゃくちゃ塾の授業をとっている様子です。

1千万円以上というのは本当なのか多少盛った金額なのかわかりませんが、個別塾に言われるがままにお金をどんどん払っていって一体どのくらいお金を掛けているのかわけがわからなくなってしまったのかもしれませんね。

1千万円以上というのは、どうかわかりませんが3年生の時は数百万円ぐらいお金がかかったのも納得できます。

スポンサーリンク

なぜ塾代高額なのにそんなに高校に合格できなかったのか?

木下博勝さんと木下大維志くんが受験について振り返っているYouTubeを見ました。

時系列で説明されていて、なぜ合格できなかったのかがわかりました。

  • 内申点が低すぎる
  • 国語の点数が低い
  • 本番に弱い(?)
  • マスコミに取り上げられすぎ

一番は内申点の問題のようですね。

塾が中3の2学期で大丈夫といったから・・・というのが木下家の言い分で、学校は中3の1学期も入ると言われたのが誤算だったということです。

木下家の言い分としては、やはり塾の受験指導や情報がいまいち届いてない感じを受けました。

こうなってくると高額の個別指導の塾よりも、もっとしっかりした集団塾の方が良かったのかもしれませんね。

私は一応公立中学の教員の経験があるのですが、高校受験前に3年生一人ずつについて、3年生の担任と各教科の教員と管理職が一同に集まって、全員の志望校と受験校について会議を行いました。会議に出た教員たちがその子が絶対合格するというお墨付きがある受験校を提示できるように話し合い、最後の三者面談に望むものです。

中学校はかなり安全圏の学校をおすすめして、不合格の可能性が少しでもあるなら確実な滑り止めを提示してました。

その感じからすると9校不合格というのは、木下家は学校に対しては不信感があり、中学校からおすすめされた受験校は受けなかったり、滑り止めも入れなかったのかもしれません。

中学校より、お金をかけている塾を信用したのかもしれませんね。

東京の高校受験の内申点についてはよくわかりませんが、お金をそれだけかけているなら塾で学校の平常点ももっとあげるように指導してあげればいいのではと思いました。

あと大維志くんは、模試の点数はよくても本番に弱かったのかもしれませんね。

そしてやはりマスコミの報道が足をひっぱった可能性もあります。

いずれにしても、高額支払った個別塾の指導があまり生かされてないのは気の毒でなりません。塾側の言い分も聞いてみたいところです。

スポンサーリンク

木下大維志の高校受験関連記事

木下大維志くんが気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました