スポンサーリンク

鳴門市中学生同士の暴行動画の学校名は?殴り合いの喧嘩した男子生徒の中学校はどこか調査!

ニュース・事件
スポンサーリンク

徳島県鳴門市の中学校の男子中学生同士の殴り合いの喧嘩動画が話題!時系列で事件を整理

徳島県鳴門市内の中学校の男子生徒同士が殴り合いの喧嘩をする動画が撮影されてTwitterで拡散されて問題になっています。

2022年4月2日読売新聞オンラインで報じられました。

Twitterで拡散している暴力動画をみることができました。

動画はおよそ52秒。私服の男の子同士が喧嘩をして、周りにもう少し大きい男子たちが十名ほど取り囲んでいます。体の大きい方の子が強く空手かキックボクシング風にで体の小さい子にパンチやキックをしていきます。小さい方の男の子も応戦しますが、キックやパンチで押され気味で後退しますが、後方にいた見物の男子に後ろから押されて前にだされます。結果、体の大きい子に小さい子は抑え込まれて、座り込み頭をガンガン殴られます。そこで仲裁が入り動画は終了します。

周りを取り囲む男子たちは、見た感じは先輩ぽいですが、「やれやれ」という感じで囃し立てています。

動画では、複数人に取り囲まれるなか、男子生徒2人が互いに殴り合ったり、一方の男子生徒が相手を押さえつけたりする様子が映っている。「いけいけ」「動け」など暴行をけしかける周囲の声も収録されている。

読売新聞オンライン

事件を時系列で整理してみました。

  • 2022年2月20日 暴行事件発生
  • 2022年3月31日 動画が投稿される
    • 撮影者と別の中学生が学校に報告
    • 鳴門市教育委員会学校教育課が聞き取り

動画がTwitterに上がって話題になって学校や教育委員会があわてて調査したのでしょうか。

病院に通院等必要ないということで怪我はしてなかったんでしょうね。

でも動画見た感じは周りが無理やり喧嘩させているようないじめじみた感じを受けてしまいました。

喧嘩させられているのではないでしょうかね。

しかし、彼らは徳島県鳴門市のどこの中学校の中学生なのでしょうか?

気になったので中学校について調べてみました。

スポンサーリンク

鳴門市中学生同士の暴行動画の学校名は?殴り合いの喧嘩した男子生徒の中学校はどこか調査!

鳴門市の中学生同士の殴り合いの喧嘩動画がSNSに上げられた件の中学校について調べてみましたが、当然のことながら中学校名は公開されていませんでした。

掲示板などでは書き込みがあるかもしれませんね。

公になっているのは以下の2点です。

  • 殴り合いの喧嘩をしていた中学生は別々の徳島県鳴門市内の別々の中学校に通っている
  • トラブルの原因はSNSでのやり取り
  • 接点は公表されていない

SNSでのやりとりということですが、LINEかなにかで揉めたのでしょうかね。

昔の生徒指導は不良に対する指導だったけど、現代の生徒指導の大半はネットトラブルだそうです。大変な時代ですね。

さて徳島県鳴門市内の別々の中学校ということで、該当する中学校を調べてみました。

徳島県鳴門市には中学校は公立中学校5校と分校一校しかありません。

  • 鳴門第一中学校
  • 鳴門第二中学校
  • 鳴門中学校
  • 大麻中学校
  • 瀬戸中学校
  • 大麻中学校広塚分校(7名)

上記の中学校のうちの2校の男子生徒が殴り合いの喧嘩をして撮影されて動画が問題になったのでしょう。

Twitter上では動画のハッシュタグに中学校名が書かれていました。しかしあくまでSNS上の噂ですので真偽不明の情報なのであえて言及は避けておきます。

学校への誹謗中傷など、迷惑をかける行為はおやめください。

スポンサーリンク

中学生同士の殴り合いの喧嘩の場合は罪になる?刑事事件の罪状について調査!

さて中学生同士の殴り合いの喧嘩ですが、これって動画が問題になってますが、刑事事件の罪になるのでしょうか。

昭和の時代のヤンキー全盛期では、しょっちゅう中学生同士のタイマンやら集団の喧嘩やらありましたよね。

確かに問題になると補導されたりしていましたが、なんらかの罪状がつくのでしょうか?

ヤフコメ欄には決闘罪という言葉がでてきました。

決闘罪とは日時、場所、条件などを約束して戦うことで、決闘は禁止されているので罪になります。

決闘の約束をした時点で6ヶ月以上2年以下の懲役、決闘を行った者は2年以上5年以下の懲役、決闘に立ち会った人は1ヶ月以上1年以下の懲役、場所を提供した人は1ヶ月以上1年以下の懲役です。

ただし実際に決闘罪で逮捕されることは珍しいですが、暴力団同士や暴走族の喧嘩で決闘罪で逮捕されています。

しかしおおむね問題になるのは怪我人が出た場合ですよね。

  • 暴行罪→相手に対して暴力をふるった場合
  • 傷害罪→相手に対して暴力をふるって怪我をさせた場合

この中学生同士の喧嘩の場合も実際殴り合いがあったのですから、怪我をしてなくても暴行罪が適用されるかもしれませんね。

マンガやアニメでヤンキー同士の喧嘩シーンなどがあって、中学生は影響されるかもしれませんが、リアルでタイマンや喧嘩などは、取り返しの付かないことになる可能性が高いのでやめてほしいものです。

スポンサーリンク

鳴門市の中学生同士の暴行動画の関連記事

鳴門市の中学生同士の暴行動画が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました