スポンサーリンク

成人式を18歳で行う自治体(2023年)はどこ?いつから変更なのか日程を調査!

ニュース・事件

今年、2022年4月1日から成人年齢が18歳に引き下げられることが決まっています。

その件で成人式が一体いつになるのかわけが解らなくなる人もでてくるのではないでしょうか?

そもそも18歳で成人式をすることになると、ちょうど大学受験と重なってそれどころじゃないですよね。

2023年度からの成人式、18歳で成人式をする自治体について調べてみました。

スポンサーリンク

成人年齢が18歳引き下げで成人式はどうなる?

2022年4月1日から成人(成年)年齢を従来の20歳から18歳に引き下げる民法改正が行われます。

クレジットカードが18歳で作れるとか女性の結婚年齢が18歳になるとか両親の同意が必要なくなるとかいろいろありますが、一番普通の人が気になるのは成人式についてではないでしょうか?

18歳に成人がなったら、いままで20歳の時にやっていた成人式は一体どうなるのか?

そもそも1月上旬にある成人の日って一体どうなるのでしょうか?

成人式に女の子振袖を着て集まるというあの風習は今後も続くのでしょうか?

2022年現在の18歳19歳の成人式をまだやっていない世代の成人式は一体どうなるのでしょうか?

特に2023年は18歳、19歳、20歳と3年分が全員成人式をするのか?

などなど成人年齢引き下げで成人式にまつわる疑問がいろいろ出てきます。

何十年もやってきたので、別に今まで通りでいいんじゃないのと思いますが、成人になったことを祝うために振袖を着て集まるのも、18で成人してたら20歳になってやっても、なんだか意味が薄れてきてどうなんだろう・・・と思ってしまいますよね。

そういう考え方で、なんと大胆にも成人式の日程を変えることを表明している自治体もあります!

自分の住んでいるところの自治体はどうなのか?

気になったので18歳で成人式を行うなど2023年からイレギュラーな動き方をする自治体について調べてみました。

スポンサーリンク

成人式を18歳で行う自治体(2023年)はどこ?いつから変更なのか日程を調査!

まず成人式をどうするのかは、国が決めるのではなく各自治体(市町村)に任されています。

現在のところ2023年の成人式は、ほとんどの自治体で従来どおり20歳で行われる予定です。

ただし成人は18歳でしているのですから名称を「20歳(はたち)のつどい」などの名前に変えるということです。

したがって多くの自治体では2023年の1月9日の成人の日ごろに、2002年4月2日生まれから2003年4月1日生まれの方の成人式が行われることと思います。

しかし18歳の成人式にこだわってイレギュラーな成人式を表明している自治体も少しあるのでご紹介します。

現在のところ18歳で成人式をすると変更を表明しているのは三重県伊賀市です。

三重県伊賀市は成人式を18歳を対象とすると市議会で決定しています。

2023年は20歳から18歳が一斉に成人を迎えるため、

20歳を2023年の1月8日に、19歳を2023年の3月19日に、18歳を5月4日と3回にわけて成人式を行う

ということです。

その後は毎年18歳の成人式を5月のゴールデンウィークに行うということなのではないかと思います。

伊賀市は「成人式は新成人が集まるだけの場でなく、本人や社会が大人になったことを自覚したり認識するためのもの」と考えていて、18歳でやることに意義があるということです。

伊賀市の高校生や着物業界や飲食業の人は驚いて大反対し署名運動もしているということですが、全く変更してくれそうにないということです。

5月だと着物は暑いし、久しぶりにあつまる20歳の時の方がいいという声が多いそうです。

スポンサーリンク

18歳の成人式のメリットとデメリット

18歳の成人式のメリットやデメリットについて調べてみました。

18歳成人式のメリット

18歳成人式のメリットは以下です。

  • 成人年齢が18歳ならば、大人になった自覚を持つための儀式だからその時に成人式もやるのがもっとも意義がある
  • 高校在学中にやれば制服で参加できるので、振袖など余計に出費がかかからない
  • 高校在学中ならば、荒れる成人式がなくなる

そもそも現行の成人式の意味を根底から否定するところにメリットがあるということすね。

18歳成人式のデメリット

18歳成人式のデメリット

  • 1月だと受験と重なり出席者が少ない
  • 18歳だと大学受験と重なり保護者の懐具合がよくなく着物の出席がへる
  • 呉服業界や美容院、貸衣装屋、写真屋が大打撃
  • お酒のない祝い事となり飲食業界が痛手を受ける
  • 現在だと同窓会感覚で集まるがそれがなくなる

ということで、今まで20歳の成人式から変更して18歳成人式にするとやはり受験の関係で支障をきたすことになるのと、着物業界が打撃をうけるのがデメリットでしょうね。

成人式の着物がなくなるといよいよ着物を着る機会がなくなり、日本の着物が廃れていってしまいます。

スポンサーリンク

2023年の18歳成人式の自治体についてのまとめと関連記事

2022年4月1日に民法改正で成年が18歳になっても、多くの自治体で成人式は現行通りの20歳で行われます。

ただし現在のところ三重県伊賀市だけは18歳にこだわっていて、2023年の成人式は変わった日程を組んでいるので伊賀市の市民は注意が必要です。

以下の関連記事も興味があるかたはよかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました