スポンサーリンク

懐風館高校の黒染め強要の真相は?女子生徒の方が嘘つき?教師のいじめが酷い?

ニュース・事件

大阪府立懐風館高校が元女子生徒が茶髪だとして黒染めを強要し、女子生徒が不登校になった件について訴えた裁判が行われて2021年2月16日に判決が大阪地裁から出ました。

判決では女子生徒側が勝訴して、大阪府に対して33万円の賠償を命じました。

しかし最初に損害賠償を求めた額は220万円ですし、問題の地毛が茶髪なのに黒染めを強要されたことが原因で不登校になったということに対して、黒染め強要については裁判では認められずに大阪地裁は黒染め強要は指導の範囲内という判断を下したそうです。

大阪地裁は判決で「学校は元女子生徒の生まれつきの髪の色が黒色であると頭髪検査の結果などから認識していたと認められる。黒染めさせた行為は教育的指導における裁量の範囲を逸脱したものとは言えず違法性はない」としました。

引用元はここ!

ここで「え?」って思いました。

女子生徒は地毛が黒髪だったのに茶髪に染めていたのってホント?

地毛が茶色だったのを黒髪にしろって強要されたんじゃなかったの?

女子生徒側が嘘をついていたの?

最初の報道では学校側が地毛が茶色でも、外国人でも黒髪に染めさすっていってたんじゃなかったでしょうか?

いったい懐風館高校の「黒染め共用」はどういうことなのか真相について調べてみました。

スポンサーリンク

女子生徒の主張は?地毛が茶色なのに黒染めを強要された!

大阪府立懐風館高校の黒染め強要問題が起こったのは2015年4月に女子生徒が入学した時です。

最初に報道した毎日新聞によると・・・

女子生徒の母親は中学時代にも黒染めを強要されて嫌な思いをしたので、高校では同じことがないように配慮して欲しいと最初から学校側に伝えていたそうです。

しかし学校側は再三にわたって女子生徒に黒染めを強要したということで、女子生徒は度重なる毛染めで頭の皮膚がただれて、髪もボロボロになったそうです。

それ以外にも女子生徒は以下のような学校からのいじめのような行為を受けたと告発しています。

  • 教師から母子家庭だから茶髪にしているのかと中傷
  • 文化祭や修学旅行に茶髪を理由に参加させてもらえない
  • 黒染めしないなら学校に来る必要ないと言われて不登校に
  • 生徒の名前を名簿から削除
  • 他の生徒や保護者に退学したと嘘の説明をした

これを聞くとむちゃくちゃひどい話ですね。

女子生徒は指導の下に行われた教師からのいじめだと裁判で主張しました。

女子生徒が大阪府を訴えたのが高校3年生の時の10月ですから、裁判が始まったのはだいぶ前の話ですが、ブラック校則と話題になって怒りを覚えたを記憶しています。

スポンサーリンク

懐風館高校の校則は?地毛茶色でも黒染め強要?

この女子生徒の訴えに対して懐風館高校側は当時の報道では、生徒の代理人弁護士に「たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせる」と言っていたそうです。

もともとの髪の毛の色を染めさせるとは、これは人権侵害だといわれて外国でまで報道されました。

クレイジーなブラック校則!!

ということで当時から世間では学校が悪いと非難の的になっていました。

しかし、懐風館高校はなぜそこまで黒染めにこだわったのでしょうか?

懐風館高校は偏差値が低くて、周囲にの評判がよくなく「定員割れ」を引き起こす、いわゆる教育困難校でした。

学校の評判を上げ周辺住民にアピールするためもり、学校の管理職がけっこう無理目の指導をしたけっか、見た目の指導が厳しくなったのではないかと言われています。

わかりやすい茶髪は指導の対象となったのではないでしょうか。

ツイッターの評判でも以下のようなものがありました。

懐風館高校生徒指導が厳しいので有名で、厳しくしつけてくれる学校ということで保護者や近隣の評判が良かったということです。

つまり大部分の大人は厳しい校則を学校で指導してくれる方を望んでいたし、先生たちも良かれと思って張り切っていたのではないでしょうか。

厳しい生徒指導にしないと、生徒たちがなめて勉強もしないし、生活もみだれてくるということですね。

校則はなるべく自由がいいと言っている人たちもいますが、教育困難校の実情は違うのかもしれませんね。

スポンサーリンク

懐風館高校の黒染め強要は毎日新聞の捏造?

そもそも女子生徒に対する黒染めの強要のようなことがあったのか疑問の声もSNSでは上がっていました。

地毛が茶色の人は認められていたという在校生を名乗る女性のツイートです。

実際、懐風館高校は頭髪指導には力を入れていたようですが、地毛が茶色の人が申告したきた場合は認めていたいたそうです。

スポンサーリンク

女子生徒は嘘をついていた?黒髪を茶髪に染めていた

もう一つの疑問点は今回の判決で、「女性生徒はもともと地毛が黒かったけど茶髪に染めていた」ので、学校側が指導しということが認められたようです。

つまり女子生徒と母親がもともと地毛が茶色だったのに、黒に染めるように学校に言われたというところは嘘だったのではないかということです。

どうやら女子生徒の髪の毛の根本の部分はもともと黒かったのですが、女子生徒は茶髪に染めてきたとのこと。

学校が指導して黒くするもののまた茶髪に染める→黒くするよう指導が繰り返されていたということが裁判であきらかになり、学校の指導は悪くなかったという判決らしいです。

じゃあ、あんなにみんなで懐風館高校のことを悪くいったのはいったいどういうことだったのでしょうか?

スポンサーリンク

女子生徒は指導に従わなくて教師に嫌われた!

ただし、女子生徒の不登校に関しては、教師が名簿から名前を消したいじめっぽいことは裁判でも認められて女子生徒は勝訴したということです。

女子生徒が茶髪に染めてきたのかもしれませんが、黒染め強要を厳しく指導しすぎて、女子生徒と一悶着あったのは事実のようですね。

女子生徒は不登校になり、突然訴えを起こしたということなので、よほど腹にすえかなることがあったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

大阪府立懐風館高校の黒染め強要の判決が出たことで、黒染め強要の真相について調べてみました。

女子生徒は地毛が茶色かったのを黒染め指導したというのは嘘のようで、女子生徒が茶色に染めていたのを指導したので、黒染め指導には問題がなかったと認められたようです。

しかし教師と女子生徒の間で指導の時に揉めたようで、教師側が女子生徒を嫌って、いじめっぽいことをしたのは事実のようで裁判でも認められて女子生徒は勝訴しました。

ブラック校則問題と取り上げられて話題になりましたが、真相は学校側はそんなに理不尽なことはしていなかったのではないかと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました