スポンサーリンク

石沢麻依の出身大学はどこ?高校や中学など学歴を調査!ドイツ在住の理由は?

エンタメ

第165回の芥川賞の発表があり受賞したのは石沢麻依さんの「貝に続く場所にて」と李琴峰さんの「彼岸花が咲く島」です。

今回はこの石沢麻依の大学などの学歴について調べてみました。

  • 石沢麻依の簡単なプロフィールをチェック
  • 石沢麻依の出身大学は?専門はなに?ドイツ在住とは?
  • 石沢麻依の中学や高校は?
  • ドイツ在住の理由は?
  • 作家になったきっかけは?

などについて調査していきます。

スポンサーリンク

石沢麻依の簡単なプロフィールをチェック

石沢麻依さんは芥川賞初ノミネートで初受賞されました。

写真を見るとかわいらしい感じの方ですね。

石沢麻依さんのプロフィールについて簡単にみてみましょう。

  • 名前:石沢麻依(いしざわまい)
  • 生年:1980年(現在41歳)
  • 出身地:宮城県
  • ドイツ在住
  • 2021年「貝に続く場所にて」で第64回群像新人文学賞を受賞してデビュー

受賞作の「貝に続く場所にては」コロナ禍のドイツで暮らす私の元に震災で行方不明になったはずの友人が現れる・・・という物語だそうです。

群像新人文学賞の選評から

(群像新人文学賞 選評より)

記憶や内面、歴史や時間、ここと別のところなど、何層にも重なり合う世界を、今、この場所として描くことに挑んでいる小説 ーー柴崎友香氏

人文的教養溢れる大人の傑作
曖昧な記憶を磨き上げ、それを丹念なコトバのオブジェに加工するという独自の祈りの手法を開発した ――島田雅彦氏

犠牲者ではない語り手を用意して、生者でも死者でもない「行方不明者」に焦点を絞った点で、すばらしい。清潔感がある。 ーー古川日出男氏

https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000353872

などの評価を受けています。

現在ドイツ在住ということですが、現在石沢さんはドイツで美術史の研究生活をされているそうです。

スポンサーリンク

石沢麻依の出身大学は?専門は何?ドイツ在住とは?

石沢麻依さんの最終学歴は東北大学大学院文学研究科修士課程だそうです。

東北大学の大学院で石沢さんは美術史学を学んでいます。

そして2015年からドイツで研究生活をされているそうです。

ドイツではハイデルベルク大学大学院博士課程に在学中だそうです。

東北大学は旧帝大の一つで相当に頭のよい方ですし文学部の大学院まで進み更にドイツに留学とは研究熱心な方ですね。

スポンサーリンク

石沢麻依の中学や高校は?

石沢麻依さんの中学や高校はまだわかりませんでした。

宮城県出身で東北大学ということですから宮城県の中学や高校ではないかと思われr舞うs。

引き続き調査して追記いたします。

スポンサーリンク

ドイツ在住の理由は?

前述したように石沢麻依さんはドイツのハイデルベルク大学の大学院の博士課程で博士号をとるために勉強されています。

おそらく美術史について勉強されているのでしょうね。

どうしてドイツに留学されることになったのかはわかりません。

ドイツに行った経緯や論文や研究テーマについて分かり次第追記させていただきます。

スポンサーリンク

作家になったきっかけは?

石沢麻依さんが作家になられたきっかけというのはいまのところわかりませんでした。

芥川賞受賞でインタービューなどが掲載されて、また詳しいことがわかると思います。

その後追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

第165回芥川賞をドイツ在住の石沢麻依さんが受賞されました。

東北大学大学院で美術史学を専攻され、現在ドイツのハイデルベルク大学で博士号をとるため研究されている方です。

おめでとうございます!

まだ群像新人文学賞受賞後まもなく芥川賞も初ノミネートで受賞なので今後人となりがもっと詳しくわかるかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました