スポンサーリンク

佳子さまが左利き?矯正しなかった理由は?ペンの持ち方が変でしつけがなってない!

皇室

今回は佳子さまの左利きについて取り上げます。 

2022年9月13日号の週刊女性の記事で佳子さまのペンの持ち方が変という取り上げ方をされて話題です。

気になったのは佳子さまは左利きだということです。

最近では左利きの子どもでも矯正しないことが多いですが、文字の書き方や食事については左利きだと色々不便なことがあるので矯正されることも今でも多いようです。

皇室の佳子さまならなおさら左利きを強制されそうなものですが、なぜ大人になるまで強制されなかったのでしょうか?

秋篠宮家の方針なのでしょうか?

佳子さまの左利きが矯正されなかった理由について調べてみました。 

スポンサーリンク

佳子さまのペンの持ち方が変なのは左利きだから?

佳子さまのペンの持ち方が変だと取り上げたのは2022年9月13日号の週刊女性です。

佳子さまはガールスカウト100周年を記念したインターナショナルキャンプを視察されました。その時に熱心にメモを取る姿がニュースで報じられました。

それがこちら!

微笑ましい皇室のご公務の様子ですが、この時の佳子さまのメモを取るペンの持ち方に注目が集まって話題になっています。

佳子さまは左手でペンを持たれていますが、ずいぶん妙な持ち方をされていますね。

人差し指の上に親指をかけてペンを持っていて、もし子供だったとしたらその持ち方は変だと家庭で家庭や学校で直されそうな持ち方です。

記事では佳子さまがこのような持ち方を変な持ち方をするのは左利きのせいだからとまとめていました。

佳子さまは前々から左利きではないかと噂になっていましたが、確かに左利きのようです。最近は左利きでも矯正されないことが多いようですが、かつてはだいたい直されていました。

左利きだと文字を書いたり食事をしたりする時、どうしてもやりにくいのでせめて字を書くときだけでも右利きに矯正する人が今でも多いように感じます。

しかも皇室ということで伝統を重んじるところで育ちながら、佳子さまは左利きをされなかったのでしょうか?

やはり秋篠宮家の自由を重んじる家庭環境によるのでしょうか。

左利きの人は の人は色々苦労すると思いますし、書いた字を見せることやかしこまったお食事会も佳子さまみたいな立場の方は多いので、矯正をされた方が良かったのではないかなと個人的に思います。

なぜ佳子さまは左利きを矯正されなかったのか理由を調べてみました。

スポンサーリンク

佳子さまが左利き?矯正しなかった理由は?

佳子さまが左利きを矯正されなかった理由は、よく分かっておりません。

理由として考えられるのは以下の3点です。

  • 秋篠宮家の自由を重んじる教育方針
  • 明治天皇も左利き?⇛皇室ではそもそも矯正しない?
  • 日本の芸事に興味がないから

第一はやはり秋篠宮殿下の自由を重んじる教育方針の結果ではないかと思います。

子供の左利きを矯正しようと思うとかなり大変です。

イギリスのジョージ六世は左利きを強制されたやり方が虐待めいたやり方だったために重度の吃音になってしまったと言われています。

同様に左利きの矯正が子供時代に虐待めいたやり方でおこなわれて心に傷を追ってしまった人物が東洋でも西洋でもたくさんいます。

  • ジョージ6世
  • 水森亜土
  • 王貞治
  • ルイス・キャロル
  • ネルソン・ロックフェラー
  • ウィンストン・チャーチル

それでも社会が矯正左利きをの存在を認めないような厳しい時代だったら仕方がありませんが現代では子供の心に傷をつけるよりは左利きのまま認めた方が良いという流れになっている秋篠宮様も合わせたのかもしれません。

また明治天皇も左利きであったという噂があります。

明治天皇の取り替え説のような陰謀論を唱える人もいるくらいで、残った書物や証言などから明治天皇は左利きであったのではないかと言われています。

本当だとすると佳子さまも遺伝で左利きであった可能性が高いですね。

しかし明治天皇でも左利きと認められるのですから、皇室では庶民よりも左手の矯正のようなしつけは意外と厳しくないのかもしれません

そして左利きの矯正は幼い頃に行われるので、誰も無理強いしなかったらそのままになったという可能性は高いです。皇室でも佳子さまの左利きはそれほど問題になからなかったのではないでしょうか。

また佳子さまが特に日本の芸事に熱心でなかったことも理由としてあるかもしれません。

そもそも左利きを矯正しなければならないとするのは、刀を左に必ず差すという武家の風習によるものです。しかし刀以外でも書道でも茶道でも日本の伝統的なものは右利きでやるようにできています。

佳子さまは、子どもの時からあまり日本の芸事がお好きではなく、わざわざ国際基督教大学に進学したことやダンスが好きなど、和の芸事は得意としておらず、わざわざ左利きを直さなければならないということに直面しなかったのかもしれません。

また佳子さまが性格的に強くて、左利きの矯正を進言する人がいたとしても反発して受け入れなかった可能性も高いですね。

スポンサーリンク

佳子さまのペンの持ち方が変なのはしつけの問題!

確かに左利きだと文字の書き方やペンの持ち方が変になってしまうのは仕方がないようです。

しかし世の中の親たちは子供が左利きであろうと右利きであろうと変な鉛筆の持ち方を直そうと必死になります。

持ち方が悪いと字が汚くなりますし、疲れるので勉強が長時間できなくなり、勉強嫌いの子どもになってしまうなどと言われるからです。

子どもが正しい持ち方ができるように、以下のようなグッズも販売されています。


左利きの場合は佳子さまのような持ち方になりがちなようですが、左利きのままならなおさら正しい持ち方をした方が良いので庶民は熱心に指導しています。

佳子さまもプリンセスとして、左利きの矯正はともかくとしても正しいペンの持ち方を指導されて会得した方が良かったのではないかと思います。

また正しいペンの持ち方はお箸の持ち方にもつながるといわれます。佳子さまのお箸の持ち方はどうなのでしょうか 。

日本では箸の持ち方が悪いとしつけがなってない、育ちが悪いなどと言われますが、佳子さまの場合はお里が知れるなどと言われることはないと思いますが、秋篠宮家自体が悪く言われる可能性がありますね。

別に持ち方がどうでも読める字が書ければ別にいいじゃないかという意見もあります。しかし外国ではそれもいいかもしれませんが漢字圏では書道という物がある通り、字の美しさは大切とされています。 皇室の方なら人に見せる字を書く機会も多く、一般庶民よりも字の美しさも問われるのではないでしょうか。

ちなみに愛子様は子どもの時から字が綺麗で素晴らしいと度々話題になっていましたが、そういえば佳子さまの字が取り沙汰されることはなかったですね。

やはり佳子さまが変なペンの持ち方をしているのは、国民の注目を浴びる皇室の、日本国民の象徴としての皇室のプリンセスにとってはふさわしくないように感じました。

ペンの持ち方が悪いのは左利きのせいにしろ、やはりどこかでしつけがなされてなかったのが悪いと思いますし、ちょっと悔やまれますね。

スポンサーリンク

佳子さまの関連記事

佳子さまが気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました