スポンサーリンク

藤巻健太は多摩美術大学(多摩美)の社会人枠を1年で退学ってホント?プロフィールにない理由を考察!【維新|三角関数】

政治・経済

今回は日本維新の会所属の衆議院議員の藤巻健太さんについて取り上げます。

藤巻健太さんは、先日ツイッターで「三角関数よりも金融経済をまなぶべきではないか」と財務金融委員会で議論したなどと発言して炎上しています。

連日、三角関数と金融教育についてタイムラインは賑わっていました。

さて、三角関数不要論で話題の藤巻健太さんですが炎上したことで話題になり、隠れた過去までほじくり返されてきたようです。

なんでも、藤巻健太さんは多摩美(多摩美術大学)の社会人枠にいたけど何もしないで1年で辞めたと彼の多摩美での行状についてツイートする人が登場しました。

しかし藤巻健太さんのプロフィールには一切そんなことが書かれていませんしキャラクター的に信じがたいのですが本当なのでしょうか?

藤巻健太さんが多摩美に通っていたのは本当なのか調べてみました。

スポンサーリンク

三角関数不要論の藤巻健太が多摩美にいたと発言する人がツイッターに登場!

高校で三角関数を教えるよりも金融経済について教える方がいいという藤巻健太衆議院議員。

この発言がツイッターで炎上中で藤巻健太さんはツイッターでいろいろ叩かれています。

そこに登場したのが上記のアカウント名100日以内に個展を開きたい丸山という方。

連続でツイートしていてどうやら藤巻健太衆議院議員に対してお怒りのようで、過去に藤巻健太さんが多摩美に在学していたといっています。

長くなるので100日以内に個展を開きたい丸山さんのツイートの要点をまとめると。

  • 藤巻健太さんは多摩美に社会人枠で入学して作品を残さず1年で中退
  • カメラの授業で一緒だった
  • 多摩美の経歴をプロフィールから抹消している
  • 当時はサラリーマンをしていると言っていた
  • 藤巻健太さんはなんにも作らず、制作費を渡してメンバーに名前を入れて単位をもらっていた
  • 熱心でないので相手にされなくなって辞めて、次の年には出馬していた

ということですが、本当なんでしょうか?

しかし多摩美術大学に通っていても別に良さそうなもんですが藤巻健太さんは隠したってこと?

美大とか行きそうなタイプではないけど・・・

などなど、嘘か本当かわからないので真相を調べてみました。

スポンサーリンク

藤巻健太は多摩美術大学(多摩美)の社会人枠を1年で退学ってホント?プロフィールにない理由を考察!

いろいろ調べてみましたが、この方のツイート以外に藤巻健太さんが多摩美術大学に行っていたという証拠はありませんでした。

藤巻健太さんが多摩美術大学の社会人枠で通っていたということですが、確かに藤巻健太さんのプロフィールには一切書かれていません。

これって藤巻健太さんにとっては黒歴史ってことなのでしょうか?

別に書いたって良さそうなものですのに。

しかし藤巻健太さんの公式プロフィールを注意深く見てみると確かに1年間の空白の時期があります。

  • 2012年(平成24年)8月にみずほコーポレート銀行本店国際為替部を辞める
  • 空白期間(2012年9月~2013年7月)
  • 2013年(平成25年)7月 父親の参議院議員藤巻健史さんの公設第一秘書になる
  • 2014年(平成26年) 衆議院議員選挙に出馬して落選。

という流れなので、2012年の9月から2013年の7月までに空白の時期があります。

みずほ銀行をやめてすぐに秘書になったわけではないのですね。

みずほ銀行での最後の方はデリバティブの部署で激務だったようですから心身を壊したり嫌気がさしたりしたのでしょうか。

多摩美に1年通って、その後秘書になって、翌年の出馬というのはツイートの人の話と合ってはいますね。

空白の時期に多摩美術大学に通っていたという話の信憑性がでてきました。

スポンサーリンク

藤巻健太が多摩美術大学の社会人枠にいたというのはガセ?

しかし、藤巻健太さんが多摩美術大学に通っていたというツイートのは本当なのでしょうか?

嘘でもないかもしれませんが、もしかしてこのツイートの方の思い違いで同姓同名の人とかではとも思います。

ガセではないかと思う理由は以下です。

  • 多摩美術大学の社会人枠をプロフィールで隠す理由もない(黒歴史なのか?)
  • 藤巻健太さんは美大で美術を学ぶタイプなのか?
  • 他に証言している人がいない
  • 証拠がない

藤巻健太さんは資産が4億円もあり、銀行員でゴリゴリの経済側の人だと思っていたので、多摩美術大学に通う様子が想像できません。

しかしそれほど詳しく藤巻健太さんのことを存じ上げないのでなんともいえません。

また続報がありましたら追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

藤巻健太の関連記事

藤巻健太さんが気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました