スポンサーリンク

ビョルン・アンドレセンの妻(嫁)や子ども(娘)や孫は?【世界で一番美しい少年】の家族について調査!

エンタメ

ビョルン・アンドレセンが話題です。

ビョルン・アンドレセンとはルキノ・ヴィスコンティ監督の映画「ベニスに死す」で美少年のタジオ役を演じた俳優です。 

とにかく美少年といえば「ベニスに死す」のセーラー服の金髪の子というくらい有名な子役です。

1970年代の竹宮恵子や萩尾望都など作品など日本の少女漫画にも影響をあたえました。

そのビョルン・アンドレセンさんがルキノ・ビスコンティ監督や当時の汚い大人たちに搾取されたと告発する内容のドキュメンタリー映画が公開されることになったことで、現在大注目!

今回はそんなビョルン・アンドレセンさんの奥さんや子どもについて気になったので調べてみました。 

スポンサーリンク

「ベニスに死す」の美少年タジオ役のビョルン・アンドレセン人生のドキュメンタリー映画「世界で一番美しい少年」が公開!

1971年に公開された映画「ベニスに死す」はルキノ・ヴィスコンティ監督による有名な映画です。

この映画の中で主人公の中年男性の心を掴むのが、タジオ役のビョルン・アンドレセンです。

金髪の巻き毛で端正な顔の美少年がセーラー服を着ている姿は、映画のポスターで目にしたことがあるかもしれません。

そんなビョルン・アンドレセンの人生についてのドキュメンタリー映画が2021年の12月17日に日本でも公開されることがわかりました。

題して「世界で一番美しい少年」

ビョルン・アンドレセンが14歳当時のこちらを射抜くような視線の映画のポスターがこちらです。

「世界で一番美しい少年」の映画でも語られるでしょうが「ベニスに死す」に出演し、ルキノ・ビスコンティ監督と出会ったことによって、ビョルン・アンドレセンは結構不幸な人生を歩むはめになったようです。

最近ではビョルン・アンドレセンさんは映画「ミッド・サマー」に老人の役で出演し、あの美少年が・・・とまた話題に!

ドキュメンタリー映画も出来て現在また話題の人となっています。

そんなビョルン・アンドレセンさんの家族について今回は調べてみました。

美少年だったビョルン・アンドレセンさんは、どんな人と結婚して子供やまた孫などがいるのでしょうか。

子どもや孫たちのは同じようにとても可愛らしいのでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

ビョルン・アンドレセンの妻(嫁)や子ども(娘)や孫は?【世界で一番美しい少年】の家族について調査!

ビョルン・アンドレセンさんは1983年に結婚されています。

28歳の時ですね。

奥さんの名前はスザンナさんといい職業は詩人だそうです。

詩人・・・。

浮世離れした感じの人と結婚したんですね。お似合いかも~

 そして二人の間には男の子と女の子の二人の子どもが生まれました。

 しかし不幸なことに長男は乳幼児突然死症候群で赤ちゃんの時に亡くなってしまいます。

ビョルン・アンドレセンさんと奥さんのスザンナさんは、そのことが原因で別れてしまいました。

 きっと一緒にいると、お互い駄目になってしまいそうなぐらい辛いことだったんでしょうね。

しかし一旦別れたビョルン・アンドレセンとスザンナさんでしたが、二人は復縁し、その後はずっと結婚生活を続けたようです。

奥さんと娘さんと音楽教師として、スウェーデンのストックホルムで暮らしでいました。

娘さんはロビンという名前です。

ロビンさんもおそらくビョルン・アンドレセンさんと一緒に音楽教師をされているようです。

そしてロビンさんも結婚をして子供さんを設けています。

つまりビョルン・アンドレセンさんはお孫さんがいるんですね。

こちらが孫とビョルン・アンドレセンさんの写真です。

 女の子と男の子お孫さんは女の子と男の子?でしょうか

風格のあるおじいさんと孫という感じでとてもいい写真ですね。

お孫さんたちも可愛らしいですね。

でもビョルン・アンドレセンさんは子役になったことで酷い人生を送って懲りているので、自分の孫達は子役にすることはないでしょうね。 

スポンサーリンク

ビョルン・アンドレセンの両親や祖母は毒親!

ビョルン・アンドレセンの両親についても調べてみました。

ビョルン・アンドレセンのお母さんはデンマーク育ちでしたが、ヨーロッパを転々としてパリの芸術家コミュニティで入り浸っているボヘミアン的な人物だったそうです。

実の父親は不明。

そしてお母さんは10歳の時に自殺してしまい、祖母に育てられました。

両親の愛情をぜんぜん知らない可哀想な子供時代だったということです。

この祖母は美容師をしていましたが、祖母の勧めでビョルン・アンドレセンは子役活動をはじめスウェーデンの映画に端役で出演します。

そんな時に「ベニスに死す」のダジオ役を求めてオーディションをしていたヴィスコンティ監督の目にビョルン・アンドレセンさんは止まりました。 

そして映画はめちゃめちゃ話題に。

この祖母というのが、典型的な悪いステージママ的な人物でビョルン・アンドレセンの稼ぎでセレブ的な生活ができるのを期待していたということです。

そしてアンドレセンさんをヴィスコンティ監督が、ゲイコミュニティに連れていき性的搾取をすることを黙認したり、日本に連れて行ってスターにして一儲けしようとしたりと、かなりダーティな芸能活動を彼に強要したということですまる様です

ビョルン・アンドレセンの祖母はいわゆる毒親でめっちゃ悲惨な家族だったということです。

そういうわけで、ビョルン・アンドレセンさんはトラウマで病んでしまった時期もあったということです。

アンドレセンさんは「世界で一番美しい少年」のドキュメンタリー映画の中でヴィスコンティ監督や祖母や大人たちの罪を告白するという内容ということでした。

「ベニスに死す」の美しい映画の裏には生々しい現実と一人の少年のトラウマがあったということですね。

ビョルン・アンドレセンさんの人生は気の毒ですが「世界で一番美しい少年」映画は、とても興味が湧きぜひ見てみたいと思いました。

スポンサーリンク

ビョルン・アンドレセンの家族に興味を持った方への関連記事

ビョルン・アンドレセンさんの嫁や子どもや孫など家族について気になった方へはこちらの記事をおすすめします。

よかったら読んでみてくださいね。

二宮和也(ニノ)の映画「収容所から来た遺書」の2022年の公開日はいつから?上映期間を予想!

反田恭平のwiki風プロフィールは?ショパンコンクール2位までの経歴や顔画像を調査!

三幸秀稔って誰?顔画像や経歴を紹介!年収はいくら?元カノは?

カベポスター永見は元モデルでイケメン?高身長で彼女はいる!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました