スポンサーリンク

原仁史(雲南市長)は精神的にヤバかった?看護師に傷害って何で?就任早々入院逮捕辞職とわけわからん

ニュース・事件

島根県雲南市の市長原仁史氏が看護師に傷害事件を起こして逮捕されました。

原仁史氏は市長につい先日就任したばかり。

いったい何があったのでしょうか?

精神がおかしくなったのか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

原仁史は精神的にヤバかった?

原仁史氏は11月28日に雲南市市長に就任したばかりでした。

市長選挙は自民党公認でしたが、対立候補はおらず無投票で初当選。

そしてここまでの人生は非常に順調で、京都大学法学部を出て、島根県庁に退職まで勤務。

その後も島根県で財団法人の理事長などをしたのち故郷である雲南市の市長に立候補当選と非常に順調な人生です。

市長になるまでに精神的におかしかったとか追い詰められていたということもなかったようです。

副市長が以下のようなコメントをしています。

 私自身は、原市長とは古くからのお付き合いがあり、人柄、能力など十分承知しております。ちょうど私の就任の日に入院となりましたが、今回の入院、傷害事件を起こすに至った原市長の心身の状況を想像すると、私の知らなかったところで、ご苦労、心労が蓄積されていたのではと悔やまれます。

https://www.city.unnan.shimane.jp/unnan/shiseijouhou/shisei/20201217.html

市長になって心労が溜まっていたのでしょうか?

また以下のような報道が山陰中央新報に出ています。

市長を知る関係者によると「(当選後、初登庁までに)精神的に不安定な様子があり、気にかけていた」という。

http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1608124390657/index.html

やはり市長になるころからすごいストレスがかかって精神的に不安定になっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

原仁史は議会初日に入院

原仁史氏は12月9日に雲南市の市議会の初めて出て、所信表明演説をして議会初日がおわった後、吐き気や頭痛を訴えて病院に入院しました。

病院では「高血圧緊急症」と診断。

高血圧緊急症というのは血圧が異常に上昇して、すぐに降圧治療をしないと命に関わるという病気で、ICUに入れなければならないそうです。

ストレスのせいなのか持病が悪化したのか原仁史氏はかなり血圧が上昇して命に係る状況だったそうですね。

そこの病院で入院後一週間たった12月16日に原仁史氏は看護師の暴力を振るって傷害事件となっています。

考えられるのは、原氏は市長になったばかりなので早く病院から出たいとごねて強引に出ようとして止める看護師に暴力を振るった?ということでしょうか。

本人も間違いないと認めているということですから、薬や病気による幻覚による行動ではないようです。

病院もちょっと患者が暴れたぐらいでは警察は呼ばないと思うので、かなりヤバい状況だったのでしょう。

尋常ではない話ですので原仁史氏には何があったのか疑問ですね。

スポンサーリンク

原仁史は松江シティFCのユースチームの白紙撤回した

原仁史氏は入院して逮捕される前に、サッカーの松江シティFCが来年4月から雲南市を拠点に設立しようとしたユースチームの計画を白紙撤回しました。

就任から10日で唯一した仕事がそれで残念な思いをしている人がいます。

チームに入ろうと県内外の生徒が雲南市にきて、高校生のユースチームを作る予定でした。

しかし原仁史氏はサッカー練習場の建設費用などがかかることを懸念して、計画を中止したことが発表されました。

そのせいでユースチームに合格していた中学3年生14人は雲南市の大東高校が受け入れ先でしたが、ここへ来て進路がなくなってしまったというわけです。

原仁史氏は松江FCとの約束を一方的に破って白紙化したということです。

この件で原仁史氏は悩んでストレスが溜まってしまったのでしょうか?

傷害事件となにか関係があるのでしょうか?

スポンサーリンク

原仁史(雲南市市長)の事件に対する世間の反応

コメント

タイトルとURLをコピーしました