スポンサーリンク

東京オリンピック中止の違約金はいくら?デマなのか?保険金は?

スポーツ

東京オリンピックの中止が話題です。

朝日新聞の調査によるとコロナ禍で東京オリンピックを再延期するかキャンセルすべきと考えている人は86%だということがわかりました。

しかし菅総理大臣を始めリーダーの方々やバッハ会長から「中止」の声は聞かず、「やる」という話が報道されています。

しかしイギリスのロイターがオリンピック中止を日本は決めた報じました。

このように一般論では東京オリンピックの中止はもうやむなしと思う人が多いのですが、中止にすると一方多額の違約金(賠償金)を払わなければならないからIOCが中止を決めるのを待っているという報道もあります。

実際のところこの違約金お話は本当なのでしょうか?そして一体いくらかかるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

東京オリンピック中止にすると違約金がかかるってホント?デマ?

結論としては新型コロナは想定してなかったので誰もわからず、駆け引きしているというところでしょうか。

中止にしたら莫大な金銭的な損が生じることになり、誰かがかぶらなけばならないことは確かです。

違約金(賠償金)の話をまとめると以下になります。

  • オリンピック中止を最終的に決断するのはIOCで日本ではない
  • 中止ならばアメリカのテレビ局の放送権料を補填しなければならない
  • 日本が中止を決めてIOCに中止をお願いすると日本に責任がきて違約金が発生するかもしれない(?)
  • 戦争や天変地異が起こった場合の開催中止は違約金を払う必要はないのではないか(?)

オリンピックは3回中止されていて、1916年のベルリン、1940年の東京、1944年ロンドンとすべて戦争で中止になっています。

その時は違約金など生じなかったからコロナでも違約金は生じないということですが、その時と今とではオリンピックもだいぶ様変わりしてます。

当時はスポーツは一部の恵まれた人々のものだったのが、大衆化してオリンピックも商業主義的になって莫大なお金が動くようになってきたので同じようには語れないかもしれません。

そもそも日本から言い出そうがIOCが言い出そうがIOCが損失を補填することはないから日本が補填しないといけないという意見もあります。

オリンピックの契約を見るとそもそもIOCの一方的な契約で、東京都が責任と義務を全部背負うような形になっているのです。

アメリカの放映権の問題だけなら、中止にせずに無観客にすればという意見もでてきます。

ただ無観客でやる意味があるのか、そもそも選手を入れることができるのか・・・などなど問題が山積みですね。

スポンサーリンク

東京オリンピック中止の違約金の額は?1000億円ってホント?

東京オリンピック中止の違約金の額はいくらなのでしょうか?

出ている金額は1200億円というものです。

具体的な金額は開催都市契約に記されていないものの、早川氏によると少なくともIOCの重要な基盤となっている米テレビ局の放映権料(1大会約1200億円)を補填する金額が請求されるという。今回のような未曽有の事態でも「法律はそういうもの」と〝値引き〟はないようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/133396ed2b2d4d37c39737c517c2880c334cc256

すごい額ですね!

しかしこれ以外にも日本は東京オリンピックに莫大な額を既に払っていますし、オリンピックがなくなる、あるいは無観客になるということは少しも回収できないことになってしまいます。

スポンサーリンク

東京オリンピックの中止の場合は保険金が支払われる

しかし安心できるのは、オリンピック中止になった場合に備えて保険がかけられていることです。

ジェフリーズのアナリストは、東京五輪にかけられている保険は約20億ドルと試算。これに加え、ホスピタリティー部門に6億ドルの保険がかけられている。IOCは通常、夏季五輪に約8億ドルの保険をかけるほか、東京五輪組織委は6億5000万ドルの保険をかけていると推定されている。

https://jp.reuters.com/article/olympics-insurance-idJPKBN29W23Y

そして今回のような感染症の拡大が理由の中止である場合は保険金の支払い対象になると思われます。

アメリカのテレビ局も保険をかけていると思われるので、中止による放送権料もそれで補填されるのではないでしょうか。

中止になった場合保険金の額は過去最大になるそうです。

スポンサーリンク

東京オリンピックの経費はいくらかかっている?

東京オリンピックの経費の予算は組織委員会、東京都、国の総額で1兆6440億円だそうです。

昨年12月の予算から2940億円増えたそうです。

2940億円といえばかなりの額ですが、なんだか莫大すぎてよくわかりませんね。

しかし東京オリンピックが中止となった時の経済損失は4兆5151億円と資産されています。

しかし現状で中止にせずに開催した場合でも、観光客の来日が見込めなかったり、無観客にしたりと損失があるのは否めませんね。

スポンサーリンク

まとめ

東京オリンピックの違約金について調べました。

違約金は払わなければならないならないのか、払わないでよいのかは、IOCと日本の出方次第のような感じに見受けられます。

米テレビ放送権を賠償しなければならないとすると1200億円程度の違約金が払わなければならないのではないかという情報です。

しかし日本もIOCも米テレビ放送も保険に入っているので、保険金でカバーできる部分もあるようです。

コメント

  1. 西谷祐 より:

    無理に東京オリンピックをやらなくても良いと思いますが、アジア太平洋戦争のときも同じようにいろいろとしがらみがあってやめられないと思います。まあ、アメリカがどうでてるかだと思います。

  2. かすがたく より:

    保険の項目ですがアメリカのメジャーリーグで新型コロナによる試合の中止で発生した損失などで保険を申請したところ新型コロナウイルスは理由にならず保険がおりなかったと一部ネットであがっています
    不服のMLBは提訴中とのことですが、契約している内容や企業によっては保険はおりないかもしれません
    https://news.yahoo.co.jp/articles/719817d17d1625d0fb14ec2cb9b992b231565edb

タイトルとURLをコピーしました