渡辺雅司(船橋屋社長)の愛車の値段はいくら?事故のベントレーの車種や他の所有車についても調査!

ニュース・事件
スポンサーリンク

今回はくず餅の船橋屋社長の渡辺雅司さんの愛車について取り上げます。

渡辺雅司さんは交通事故を起こして自分の信号無視が原因にもかかわらず相手のドライバーを恫喝して車に蹴りを入れるという逆ギレ動画がSNSで拡散して炎上中です。

渡辺雅司さんが乗っていたのは高級外車のベントレーのようですがいったいいくらぐらいする車なのでしょうか。

船橋屋社長の事故の車の車種や値段について調べてみました。

スポンサーリンク

渡辺雅司(船橋屋社長)が交通事故で逆ギレ恫喝動画で炎上中!くず餅の船橋屋が謝罪!

2022年9月27日にくず餅で有名な「船橋屋」の社長の渡辺雅司さんが起こした交通事故とその時の言動について謝罪が行われました。

2022年9月9日に東京都内の半蔵門近くの公道で渡辺雅司さんが運転する車はが信号無視をして右折してくる車に激突!

しかし渡辺雅司さんは車から降りてくると追突した車の運転手に逆ギレをして恫喝しはじめ、さらに車に蹴りを入れるという暴挙に出ました。

この一部始終がドラレコで撮影されていたためSNSに晒されて大炎上しています。

渡辺雅司さんはくず餅で有名な亀戸にある老舗和菓子屋の「船橋屋」の8代目で取締役社長だということです。

交通事故を起こしても、相手のドライバーの安否を訪ねたり警察を呼んだりと誠実な対応をしていたら問題にもならなかったのでしょうか、この恫喝ぶりはひどいですね。

動画を見ると被害者のドライバーは思わず「すいません」と言ってしまっているのでドラレコがなければもしかすると泣き寝入りしてしまうことになってしまったかもしれません。

事故を起こした渡辺雅司さんの愛車にも注目が集まっていて、渡辺雅司と検索すると以下のような言葉が出てきました。

やはり高級な車に乗っているから自分が偉くなったと勘違いするのではないでしょうか。

社長はきっとすぐに恫喝するような性格の傲慢な人間なのでしょうが、高級外車に乗っているから自分の方が偉いと錯覚して態度に出てしまうこともあるかもしれませんね。相手が自分よりもさらに高級な車に乗っていたとしたらこんな態度には出ないでしょう。

船橋屋社長の乗っていた高級外車はベントレーということですが、このベントレーは車種は何で値段はいくらぐらいするものなのでしょうか?

高級外車といわれる船橋屋社長渡辺雅司さんの愛車の値段について調べてみました。

スポンサーリンク

渡辺雅司(船橋屋社長)の愛車の値段はいくら?事故のベントレーの価格を調査!

船橋屋社長の渡辺雅司さんが乗っていたオレンジ色の高級外車はベントレーで、その中でも車種は

ベントレー・コンチネンタルGT・マリナー

ではないかと言われています。

ベントレーのホームページを見ると「コンチネンタルGTマリナー」の定価は・・・

37,100,000円

新車に税金だのオプションだのつけていたら4千万円超えちゃうんじゃないでしょうか!

高いですね~

もしかすると渡辺雅司社長は最近手に入れた車でうっきうっきで乗っていたら事故ちゃったので思わず、相手に怒鳴ったのかもしれませんが、やはりお高い車です。

くず餅を作ったり売ったりしている社員達のお給料は年収で300万円ちょっということで、この車1台で職人さんの10年分以上ののお給料になるのか・・・と思ってお怒りになっているSNSの人たちもいました。

まあ資本主義社会というのはそういうものなので仕方がないですね。

しかし高い車に乗るならそれなりの品格で乗らないといけないのではないかと思わされる一件です。ベントレーもこんなことに巻き込まれて悪いイメージがついてしまって情けない限りだと思いました。

スポンサーリンク

渡辺雅司(船橋屋社長)の他の所有車の車種は何?ロールスロイスとの噂を調査!

渡辺雅司さんはベントレー以外にも車を所有しているという噂です。

噂ではロールスロイスと他のスポーツカーも所有されているそうです。

それはこちらの滝沢ガレソさんに船橋屋社長についての社員や知り合いからの暴露情報が集まってきたものからです。

元港区女子という方からのタレコミで、

渡辺社長のロールスロイスと、もう一台スポーツカー(車種失念)に乗せて頂いたことがありますがその頃も運転は恐ろしかったです

とあります。

渡辺雅司さんはロールスロイスとスポーツカーを所有していたという情報ですが、本当なのかどうなのかはわかりませんし、数年前の話のようなので現在も所有しているのかどうかわかりません。

しかし渡辺雅司さんはベントレーを所有して自分で運転しているところから結構な車好きのようなのでありそうな話です。

ちなみにロールスロイスのお値段は車種によって違いますが、3000万円から6000万円くらいでしょう。

スポーツカーはフェラーリやポルシェのような車だったとすれば2000万円から3000万円くらいでしょうか。

複数台高級外車を並べて1億円くらいかけて喜んでいるイメージですね。

しかし社長が高級外車にお金をかけるのはただの趣味や贅沢だけではなく意味があることなのです。

金持ちが高級車を買うには3つ意味があり、1つは売るときに中古でも値段が高く売れるので一種の資産になるという考え方です。高級時計とかと一緒ですね。

2つ目は会社名義で購入して経費にし税金対策にするということです。

3つ目は信用とかステータスという面で富裕層同士の人脈を広げたりお金があるということで信頼を得たりするのにわかりやすいアイテムだからです。

というような理由で渡辺雅司さんも、ベントレーやロールスロイスのような高級外車を購入して乗っていたのでしょう。

また渡辺雅司の愛車について詳しいことがわかりましたら追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

船橋屋社長の渡辺雅司の関連記事

船橋屋社長の渡辺雅司さんが気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました