スポンサーリンク

片井裕貴の就職先はどこ?一流商社?同志社アメフト部性的暴行の主犯格の内定企業を調査!

ニュース・事件

今回は同志社大学アメフト部の部員4人が逮捕された性的暴行事件の主犯格と言われる片井裕貴容疑者の就職先について取り上げます。

2022年9月8日に同志社大学のアメフト部の部員4人が女子大生への性的暴行で逮捕されました。

その中の主犯格と言われる片井裕貴容疑者。犯行は片井裕貴容疑者の自宅で行われたということです。

片井裕貴容疑者の祖父が文春オンラインの取材を受けていろいろ話している中に就職先について触れる部分がありました。

もう4年生なので就職の内定も出ているのですね。

片井裕貴容疑者の内定していた就職先について調べてみました。

スポンサーリンク

同志社大学アメフト部の性的暴行事件で逮捕された片井裕貴就職も内定していたのに!

2022年9月8日に同志社大学のアメフト部の部員4名が性的暴行事件で逮捕されました。

4人は一人の女子大生にお酒を飲ませて泥酔させて、片井裕貴容疑者の自宅に連れて行き代わる代わる性的暴行を加えた上にスマホで撮影したということです。

ひどい話ですね。もしかすると他にもこの人たちは余罪があるのではないかと思います。

さて犯行に加わった4人は皆同志社大学の4年生だということ。ということは就活をして内定が出ている頃だということです。

最近の大学生の就活では一応内定が正式に出るのは10月1日ですが5月から6月ごろに企業から内々定が出るようです。

どうやら片井裕貴容疑者も内々定が出ていたということですね。祖父が取材に答えて以下のようなコメントをしていました。

――卒業後の進路は決まっていたのでしょうか。

「一流の商社に就職も決まっとったんや。私の商売でつながりがある会社なんやけど、『口きいたろか』と言うても、『自分なりに頑張っていきますから』言うて、ツテも使わんと実力で入ったんや。こんなに喜ばしいことはなかった。今回の事件があって、全部パーになるやろうけどね……」

文春オンライン

片井裕貴容疑者のお祖父さんのコメントですが、お祖父さんは何か事業をやっていて自分のコネで就活を世話しようとしたけど、実力で一流商社に決まったと言っているようですね。

お祖父さんにしたら自慢の孫のようですが被害者女性と合意つもりだったなどというようなコメントもしていてあまり感じの良いもんじゃありませんでした。まあしかし、文春誌に意図的に編集されているのかもしれませんが・・・

そんな片井裕貴容疑者の決まっていたという就職先はどこなんでしょうか?一流商社ってどこなのか調べてみました。

スポンサーリンク

片井裕貴の就職先はどこ?一流商社とは?同志社アメフト部性的暴行の主犯格の内定企業を調査!

片井裕貴容疑者の祖父の言葉が本当だとすると一流商社に片井裕貴容疑者は内々定していたということです。

本当だとすると頑張って良いところに決まったのに本当馬鹿なことをして就職先をパアにしてしまいましたね。しかし会社としては入社する前にそんな卑劣な犯罪を犯す人間だと分かってよかったのではないでしょうか。

さて片井裕貴容疑者の就職先はどこなのでしょうか?祖父が一流商社というくらいですからやはりお年寄りでも誰でも名前の知っている会社なのでしょう。

商社といえばやはり総合商社で祖父が名前を知っているのですから、5大総合商社の一つではないでしょうか。

  • 三菱商事
  • 三井物産
  • 伊藤忠商事
  • 住友商事
  • 丸紅

5大総合商社は上記の5つです。入社が難しい有名企業ランキング200社でも4位三井物産、5位三菱商事、7位住友商事、16位伊藤忠商事、25位丸紅となっています。

難関大生から人気が高い商社はランキング上位に多く入っており、5大商社は4位三井物産、5位三菱商事、7位住友商事、16位伊藤忠商事、25位丸紅となっている。就職できる大学は限定的で、慶応義塾大(113人)、早稲田大(88人)、東京大(76人)、京都大(42人)、一橋大学(32人)、大阪大学(22人)、上智大学(19人)、神戸大学(18人)の8大学で5大商社の就職者全体の94%を占める。

https://toyokeizai.net/articles/-/508807?page=2

同志社大学は西の私学の雄といわれていますが、5大商社の94%の就職者を占める8大学には入っていません。

片井裕貴容疑者がもし5大商社に内定しているとしたらなかなか頑張ったのでしょうね。

商社は昔から体育会系の人が有利で3割から4割ぐらいは大学で体育会系の部活に入っていた人を撮るということですので、片井裕貴容疑者はアメフト部に入っていたことが就職で有利に働いたのではないでしょうか。

また5大商社の中でも住友商事は他の商社に比べて関西地区からの採用が多いことが特徴ということです。

住友商事は2015年~2016年にかけて308名採用しており、採用数の多い大学から順に慶應61名、早稲田53名、東大35名、阪大22名、京大21名、一橋18名、上智11名、神戸大10名、青学8名、同志社7名…となっています。

他の商社に比べて、関西地区からの採用が比較的多いことが特徴です。最終面接まで関西で受けきることができ、他の総合商社と比較すると関西採用に力を入れていることが伺えます。もともと関西の会社であることもその要因の一つでしょう。

Goodfind

したがってもしかすると住友商事かもしれませんね。

スポンサーリンク

片井裕貴の逮捕で同志社の就職が不利に?アメフト部は残念すぎる!

同志社大学は関西の私学では歴史もあり有名なので就職もとてもいいです。就職では勝ち組といわれています。OBのネットワークもありますし一流企業の学歴フィルターでも落とされることはありませんね。

しかし同志社大学アメフト部の性的暴行事件のおかげで同志社大学の就活は苦労するのでしょうか?

まあ犯罪者が出ただけで全体的に大学の全体で就活が悪くなるということはないと思います。

ただし同志社大学のアメフト部の部員は評判が落ちてしまって気の毒ですね。もう9月なのでたいてい就職も決まっているでしょうが、もしアメフト部でまだ就職が決まっていなかった場合はアピールポイントがなくなってしまいますよね。

また体育会系でがんばって就活もアピールしようと思っていた後輩の学生たちも試合に出れなくなったし評判も落ちてしまったので就職はこれから苦労すると思います。

同志社大学アメフト部のメンバーは悪いわけではないでしょうが、4人がこんな犯罪を犯したせいでアメフト部自体が評判が著しく落ちてしまったので残念なことだと思いました。

スポンサーリンク

同志社大学アメフト部性的暴行事件の関連記事

同志社大学アメフト部の性的暴行事件が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました