長沢麗奈の彼氏は誰?子どもを車内放置して会っていた知人男性や男性関係について調査!

ニュース・事件
スポンサーリンク

今回は神奈川県厚木市で二人の子どもを真夏に車内に放置して死亡させ保護責任者遺棄で母親である長沢麗奈容疑者について取り上げます。

長沢麗奈容疑者は自分も一緒に車に乗っていてエアコンを切ってスマホをしている間に子どもが具合が悪くなったと言ってたそうですが、結局子どもを車に乗せてエアコンを切って放置して1時間ほど知人男性と会っていたということがわかりました。

長沢麗奈容疑者が子どもを放置してまで会いたかった知人男性というのは付き合っていた彼氏でしょうか。

長沢麗奈の彼氏や男性関係について調べてみました。

スポンサーリンク

長沢麗奈が子どもを車内放置していたのは知人男性と会っていた!

長沢麗奈容疑者は知人男性と会っていたのに嘘をついていたんですね!バレバレの。

しかも知人男性の家の近くの駐車場で放置していて子どもがぐったりしていたのに、わざわざ自分の家の近くのぼうさいの丘公園に車で移動して救急車に通報したということです。

移動なんかせずにすぐに通報していたらもしかしたら長女だけでも助かったかもしれないと思ってしまいます。

長沢麗奈容疑者はシングルマザーなのだと思いますが、交際相手の男性と会っていて子どもをネグレクトして死なせるという事件は他にも聞きます。

長沢麗奈容疑者の子どもの父親については以下の記事にまとめました。

長沢麗奈の子どもの父親は?元旦那(夫)について調査!

そこまでして長沢麗奈容疑者が会いたかった知人男性とはどういう男でどういう関係だったんでしょうね。

なぜ平日の昼間に子どもを連れて会いに行き車に放置していたのでしょうか?

長沢麗奈の彼氏と思われる知人男性について調査してみました。

スポンサーリンク

長沢麗奈の彼氏は誰?

長沢麗奈容疑者の彼氏と思われる知人男性についてわかっていることは以下です。

  • 厚木市内在住
  • 子どもが車内にいることを知らせていなかった
  • 7月8日から付き合い始めた?

7月8日から付き合い始めたというのは長沢麗奈容疑者と思われるTwitterからの情報です。

それがこちら↑です。

↑こちらのTwitterアカウントは長沢麗奈容疑者のものではないかと言われています。

長男の名前の煌翔くんや年齢も一致しているための類推です。確定した情報ではありません。

ここで注目したいのは2022年7月8日と男性の顔文字。

もしかすると2022年7月8日に知人男性と付き合い始めたということでしょうか。

そうすると交際し始めて現在1ヶ月ぐらいで楽しいさかりなのかもしれませんね。

しかし子どもも一緒だと会って楽しめないですから、平日昼間に会おうと急に呼び出されて子どもを家に置いていくこともできず連れて行って車内に放置したということでしょう。

長沢麗奈容疑者は21歳で2人の子持ちでおそらくシングルマザーでしょう。

1歳の子が一人でも夜も寝れずてんてこ舞いだと思いますが年子で2人もいてしかも一人で子育て。さらに無職。

長沢麗奈容疑者には計画性もなにもないように思えますが、付き合う男性もあまり良い男ではなさそうです。

彼氏も長沢麗奈容疑者を都合のいい女として付き合っていたのではないでしょうか。

長沢麗奈容疑者も男性と付き合っていないと生きていけないようなタイプの自己肯定感の低い女性だったような気がします。

そんな男に会うために子どもを死なせてしまうなんてひどいと思うと同時に哀れも感じてしまいますね。

スポンサーリンク

長沢麗奈の男性関係は?

長沢麗奈容疑者の男性関係はいったいどうだったのでしょう。彼氏とはどこで会ったのでしょう。

詳しいことはまだわかっていませんが、知人の紹介ならば子どもがいることは予めわかっていると思うのでわざわざ2人も小さい子どもがいる長沢麗奈容疑者と付き合わないかもしれませんね。

  • 昔からの知り合い
  • マッチングアプリ

あたりが知り合ったきっかけではないかと思います。

長沢麗奈容疑者は10代の頃から無責任に妊娠させるような男性と付き合ったりと一種の中毒のように男性との付き合いがなくては生きられないような女性だったと思います。

もしかすると発達障害や知的障害の傾向もあるのかもしれません。

きっと母親もシングルマザーで父親の愛情を受けてないために、愛情に対して飢えがあるのを一時的な恋愛感情で満たそうとしているのでしょうね。

ただし相手の男性も本気で長沢麗奈容疑者との将来を考えているような男ではなく、一時的な欲望を満足させるための付き合いだったのかもしれません。

このような人は育児には向いていないと思うのですが、相手がちゃんと避妊もしないので子どもどんどん生まれてしまうので打つ手がないですね。

動物でも育児放棄することは多々あるので母親なら子どもを愛するだろう自分で育てきるだろうというのは幻想で邪魔になったら育児放棄してしまうというのは生物学的にはありうる姿なのでしょう。

性善説ではなく性悪説に基づいて育児放棄する親の子に対しては行政がもっと強く介入する必要があるとは思いますね。

スポンサーリンク

長沢麗奈の関連記事

長沢麗奈が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース・事件
こがねブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました