北村経夫参議院議員の経歴や学歴は?安倍氏や統一教会との関係も調査!

政治・経済
スポンサーリンク

今回は参議院議員の北村経夫氏をとりあげます。

連日統一教会と政治家の関係が報じられていますが、安倍元首相が統一教会に選挙支援を頼んだとして北村経夫参議院議員の名前が上がっていました。

北村経夫氏とはいかなる人物なのでしょうか?

安倍元首相とはどういう関係があるのか?

人物像について経歴や学歴なども調べてみました。

スポンサーリンク

安倍元首相の一存で統一教会の選挙支援で当選した北村経夫参議院議員!

安倍元首相の暗殺事件から20日ほどたってから犯人の山上徹也容疑者が統一教会への恨みのために安倍元首相を襲撃したことが発覚。

それを受けて安倍元首相から自民党や野党などの政治家と統一教会の関係がクローズアップされています。

統一教会がこんなにメディアに取り上げられるのは久しぶりですね!

さて今回気になったのはデイリー新潮のこちらの記事↓

統一教会の政界汚染、支援対象は「安倍さんの一存だった」 恩恵を受けた子飼い議員の名 | デイリー新潮
「週刊新潮」7月28日号では、岸信介元総理が当時の米レーガン大統領に宛てた「統一教会の開祖・文鮮民の釈放を求める親書」について報じた。…

選挙時に統一教会の支援を受けるかどうかは安倍元首相の一存で決まると言われていてこの記事で名前が上がっていたのは安倍派の参議院議員の北村経夫氏です。

そうした安倍元総理肝いりの候補の一人だったのが、元産経新聞記者で、2013年の参院選全国比例で初当選した安倍派の北村経夫参院議員だ。カルト宗教に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏によれば、

「初当選時、当時首相だった安倍氏が北村氏の選挙応援を教団に依頼しているのです」

教団の内部文書にはこう書かれていた。

「〈首相からじきじきこの方(北村氏)を後援してほしいとの依頼〉〈まだCランクで当選には遠い状況です〉〈今選挙で北村候補を当選させることができるかどうか、組織の『死活問題』です〉と。19年の参院選でも統一教会内部で北村氏を応援するビラが出回っていました」

デイリー新潮

北村経夫氏は否定しているそうですが自民党山口県連の関係者はそんなこともあったと言っているそうです。

「北村さんはいずれの選挙も盤石な地盤を築いていたとは言い難く、安倍さんが選挙直前になって慌てて、統一教会に支援を依頼したといわれています」

デイリー新潮

別に統一教会に支援してもらっても法律違反でも選挙違反でもないですから認めてもいいですのにね。

北村経夫氏というのはいったいどういう人物なのでしょうか?経歴や学歴などについて調べてみました。

スポンサーリンク

北村経夫の経歴や学歴は?安倍氏との関係も調査!

まずは北村経夫氏の経歴や学歴について簡単なプロフィールをチェック!

  • 名前:北村経夫(きたむらつねお)
  • 生年月日:1955年1月5日(67歳 2022年7月現在)
  • 出身地:山口県熊毛郡田布施町
  • 高校:山口県立熊毛南高等学校
  • 大学:中央大学経済学部
  • 大学院:ペンシルべニア大学大学院国際関係学科修士課程
  • 前職:産経新聞新聞記者
  • 所属政党:自民党
  • 派閥:安倍派

北村経夫氏は安倍晋三氏と同じ山口県の田舎の方の出身ですね。

大学は中央大学に進み、その後ペンシルベニア大学の修士課程に進むなど優秀な学歴の人物です。

そんな北村経夫氏は産経新聞に入社して新聞記者をされていました。

産経新聞では外務省記者クラブや自民党記者クラブなどのキャップを歴任して政治部長や論説委員、編集長などを経て執行役員を勤めたそうです。

よくわかりませんが産経新聞ではとても偉い人だったのでしょうね。

しかし北村経夫氏はそのまま定年まで産経新聞に勤めず、2013年の58歳の時に産経新聞を退社して国政にうって出ます。

2013年の参議院選挙に自由民主党の比例区から立候補して初当選。

順番としては18議席中15位だったということです。

その後2019年の参議院選挙も比例区で19議席中13位で再選。

そして2021年自民党の林芳正氏が辞職したことによる参議院山口県選挙区の補欠選挙に北村経夫氏は立候補。一旦参議院議員を退職して、山口県選挙区の補欠選挙で当選して現在参議院議員3期目ということです。

安倍晋三氏と北村経夫氏は山口県が同郷ということもあり元々親交が深いということです。

また北村経夫氏の両親は安倍首相の祖父の代の岸圭介氏の代から交流があったそうです。

そういうわけで北村経夫氏は安倍元首相の同郷で親や祖父の代からの関係がある人だったんですね。

きっと産経新聞役員から政治家になるように安倍氏が進言したのか、本人が安倍氏に相談したのか、参議院議員の比例区での出馬を安倍氏や山口県の自民党後援会がお膳立てしてくれたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

北村経夫氏と統一教会の関係は?

問題の北村経夫氏と統一教会の関係ですが、どちらかというと安倍氏が北村経夫を応援するように統一教会に働きかけたという感じに読み取れます。

北村経夫氏は最初の2回の選挙は参議院議員の全国の比例区で出馬しています。

この時に全国の統一教会の人に比例区のところに「北村経夫」と名前を書いてもらうことで北村経夫氏が自民党の中でも当選に導こうとしたのだと思います。

統一教会の組織票は8万票ほどだそうです。

2013年の参議院選挙の比例区の得票を見ると北村経夫氏は142,613票で18人中15位当選しています。

同じ自民党の比例区ではテレビで活躍していた丸山和也弁護士14位で153,303票

ワタミ会長の渡邉美樹氏が16位で104,176票なので知名度の高い二人と新人の北村経夫氏が同じくらいかそれ以上の票をとっているのは何かの組織票が入った可能性があるとは考えられますね。

「推薦を受けるにあたって団体のトップと面談をします。そこでは、不倫スキャンダルや金銭トラブルがないことが条件で、さらに安倍元総理が応援している候補であれば、ほぼ確実に支援してもらうことができます。選挙の直前になると、統一教会系の施設で泊まりがけの研修を行います。自分の場合は妻同伴で2泊3日でした」

https://news.yahoo.co.jp/articles/05a36e1c1a1d3878b4c1df47547a7a2d21726485

北村経夫氏も統一教会の幹部と合って面談して支援をもらったのか、それとも安倍氏が勝手に気を回して統一教会に支援を要請したのかはわかりませんが選挙に関してはなんらかの関係があるかもしれません。

ただし北村経夫氏の祖母は天照皇大神宮教という新興宗教の教祖の北村サヨという人です。

よく知らない新興宗教ですが公称信者数は49万人ということなのでもしかすると北村経夫氏には天照皇大神宮教の組織票が多数入っている可能性も高いと思うので統一教会の関係だけとも言い切れません。

スポンサーリンク

北村経夫氏の関連記事

北村経夫氏が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
政治・経済
こがねブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました