谷口光弘のセミナーとは?給付金詐欺の手口や不正受給の方法を調査!

ニュース・事件
スポンサーリンク

今回は新型コロナ対策の給付金を一家4人で不正受給していた谷口光弘容疑者たちを取り上げます。

なんと谷口光弘容疑者らは、一家4人で給付金を9億6千万円も不正受給していました!

その金額にびっくりですね~

新型コロナ対策の給付金もそんなにだまし取られるなんて、ほんとザルみたいな審査でしょうもないと腹立たしいかぎりです。

谷口光弘の手口はどんなものだったのか?どのようにしてそんな大金を受給したのか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

谷口光弘が一家4人で給付金不正受給!全国から名義人を集める?

谷口光弘容疑者が主犯で、妻の谷口梨恵容疑者、長男の谷口大祈容疑者、そして未成年だった次男の4人で新型コロナの給付金を不正受給に関わっていたということで2022年5月30日に逮捕されました。

その金額が9億6千万円ということで金額の大きさにびっくりです。

谷口光弘容疑者は妻と子供を見捨てて一人インドネシアに逃げてしまったということで、なかなか捕まらないかもしれませんね~

さて、いったいこの一家はどうやってそんな大金をだまし取ったのかみてみると・・・

3人はいずれも光弘容疑者の指示を受け、次男が名義人に代わって作成したうその確定申告書を税務署に提出して申告書の控えを入手し、元妻と長男が申請手続きをしていたという。同課は、光弘容疑者が家族だけでなく複数の知人にも同様の役割を与えるなど十数人からなるグループを作り、不正申請を繰り返していたとみている。

光弘容疑者らグループは「誰でもお金がもらえる」とセミナーを開いたり知人の紹介を受けたりして、全国から計約1780件の名義人を集め、このうち約960件以上について不正に給付金を受け取っていたという。給付金が振り込まれた名義人からは、1件あたり十数万~数十万円の報酬を得ていたとみられる。

朝日新聞

↑は朝日新聞の記事ですが、一体どういうことかわかりにくいですね。

一家が9億6千万円を全額自分たちのものにしたわけではなく、1780人の依頼人を集めて給付金を受ける不正手続きを代行してあげてお礼をもらっていたということでしょうか。

谷口光弘容疑者のお金がもらえるセミナーに参加した人や紹介された人がたくさんいるわけですね。

もらった人もみんな詐欺罪でつかまってしまうということなんでしょうか?

しかしうその確定申告書を次男が作成、ということはそんな未成年にも簡単に作れるようなものなんでしょうか?

なんだか、このニュースでは真相がさっぱりわかりませんが、谷口光弘容疑者が開いていたセミナーの情報や手口について調べてみました。

スポンサーリンク

谷口光弘のセミナーとは?給付金詐欺の手口を調査!

谷口光弘容疑者の「誰でもお金がもらえる」というセミナーについて調べて特定を試みてみましたが、これという情報はありませんでした。

似たような過去の事件を調べてみると、札幌で飲食店を経営する木下大夢容疑者ら11人が2021年5月に逮捕された持続化給付金不正受給の事件と類似していると思います。

この事件は札幌のすすきのでメンズパブを経営する「G-motion」というグループを舞台にした事件で、2020年の夏以降に持続化給付金の詐欺をしています。

彼らは「給付金を申請したらボーナス」などとして、LINEなどで従業員にメッセージを送信して、給付金をだましとる手口を指南しました。

従業員らが書類の作成方法などを伝授されて、会社員や学生たちを巻き込む「セミナー」を開いて、不正受給。一部を上納していたということです。

これはメンズパブの従業員28人が勧誘して会社員や学生たちが150人申請。

満額支給された100万円のうち60万円以上を従業員にわたし、そのうちのいくらかを木下大夢容疑者ら

に上納。

また一部は暴力団に流れたのではないかと言われています。

ということで受給が簡単なので、飲み屋の従業員が総出でできるのですから、本当に誰でもちょっと勉強すればできるような手口みたいですね。

谷口光弘容疑者も「誰でもお金がもらえる」というセミナーを口コミやSNSなどづてで開いて、お金が欲しい会社員や学生たちを集めて名義と振込口座を集め、個人事業主として確定申告や給付金申請をしていたのでしょう。

9億6千万円不正受給したということですから、半分の5億円ぐらいは自分たちのものになったのかもしれません。

しかし1000人近くも集めていたのはすごいですね。

そんな大掛かりなことをやりながら、今までバレなかったのは、家族ぐるみでやっていたからなのか、手口が巧妙だったからなのでしょうか。

また谷口光弘容疑者の集めたお金の一部も暴力団に流れた可能性もあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

谷口光弘のセミナーや手口に対する世間の意見

谷口光弘のセミナーや不正時給の手口についての世間の意見を集めてみました。

記事の情報からは、2020年8月の段階ですでに捜査が始まっているらしい。2年近く後の今逮捕とはさすがに時間がかかり過ぎている気がする。それに持続化給付金の制度が開始されてから2,3カ月でこれだけの受給スキームを実行に移していたということになる。目端の利いた連中なら同じような事をやっていたはずで今後も同様の行為が明るみに出る事も多そうだ。

本当に持続化給付金の制度が始まってからすぐに実行されているので、他にも同じようなことをしてまだ明るみに出てない事も多そうですね。

今お金を返せば逮捕はしないということで給付金をもらった受け子的な人から情報収集して早く黒幕を摘発した方が良いのではないでしょうか。

名義人になった1760件の人間は国内にいるのだろうから、まず全員逮捕起訴すればよい

ほんとうに1760件の名前がわかっているんなら逮捕したらどうでしょうね。

お金を返したら不起訴にしてやるとかいって、無駄になった税金も回収した方がいいのではないでしょうか。

勧誘の手法はわかっていませんが、これだけの数ですので、SNSなどでの知り合いから知り合いへの勧誘もあったと考えられます。くれぐれも周りの知人・友人もしているから大丈夫だろう、ではありません。甘い囁きにはのらず、不正な行為に対してはきっぱりと断るようにしてください。

具体的な勧誘の方法はわかっていませんが、おそらくSNSで知り合いから知り合いへ勧誘していったのかもしれませんね。

お金がもらえるからやってみたらと軽い気持ちで持ちかけられて、やっておかないと損みたいな気持ちで乗った人が大半なのではないでしょうか。

もしかすると詐欺罪で逮捕されて、会社を首になったり学校を退学になったりと社会的地位を失ってしまう可能性もありますよ~

怖いですね~

スポンサーリンク

谷口光弘の関連記事

谷口光弘一家の給付金不正受給が気になった方にはこちらの記事もおすすめです。

よかったら読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニュース・事件
こがねブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました