スポンサーリンク

高桑姫華(一宮市三姉妹殺人)の顔画像は?動機はワンオペ育児でノイローゼか近所の評判から犯人の人物像に迫る!

ニュース・事件

愛知県一宮市で母親が3人の幼い娘たちを殺害するという事件がありました。

母親の高桑姫華容疑者は、自分も手首や首を切っていて無理心中しようとしたのではないかと言われています。

近所の人はとても幸せそうな家庭に見えたということですが、いったい何があったのか?

ワンオペ育児でノイローゼだったのではないかとも言われていますが、高桑姫華容疑者はどんな人物だったのでしょうか?

気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

愛知県一宮市で5歳3歳0歳の三姉妹殺人!犯人は母親の高桑姫華で無理心中?事件を時系列で整理!

2022年2月10日愛知県一宮市で5歳、3歳、0歳の三姉妹が殺害される事件が起こりました。

ニュースを引用すると・・・

10日午後9時すぎ、愛知県一宮市の住宅で高桑姫茉梨ちゃん(5)、菜乃華ちゃん(3)、咲桜ちゃん(0)の3人が死亡しているのが見つかり、警察は、母親で無職の、高桑姫華容疑者(27)を、咲桜ちゃんを殺害しようとした疑いで緊急逮捕しました。警察の取り調べに対して高桑容疑者は、「殺してしまいました」と話したうえで、殺意は否認しています。  高桑容疑者の手首と首には切り傷があり、「気持ちが不安定だった」という趣旨の供述をしていることが捜査関係者への取材で分かりました。

引用元

かわいい盛りの女の子3人が殺されるなんて嫌な事件ですね。

しかし、ニュースの書き方だと三女の咲桜ちゃんを殺害しようとした殺人未遂容疑で逮捕ということで、殺害容疑ではないようですね。そしてなぜ三女だけなんでしょう・・・。

もしかすると心神喪失で無罪になっちゃったりするのでしょうか?

しかし殺意がなかったっていうのはどういうことなんでしょうか?

もう一度わかりやすいように事件の内容を時系列で整理してみました。

  • 2月10日 午後7時半ごろから午後9時5分の間 高桑姫華容疑者が自宅で姫茉梨ちゃん(5歳)、菜乃華ちゃん(3歳)、咲桜(0歳)を紐状のもので首をしめて殺害。
  • 高桑姫華容疑者も自分で手首と首を切る。
  • 2月10日夜9時10分頃 父親の高桑浩史さんが帰宅して3人の女の子が死亡しているのを発券
  • 2月11日未明 高桑姫華容疑者を三女に対する殺人未遂容疑で逮捕

会社から帰宅して殺害された子どもたちを発見した父親は衝撃を受けたことでしょうね。かわいそうでなりません。

状況からみても、ニュースでも、高桑姫華容疑者が無理心中を図ったのではないかということですが、一体どんな理由で無理心中をはかってしまったのでしょうか?

高桑姫華容疑者は何に追い詰められていたのでしょうか?人物像を深堀りしてみました。

スポンサーリンク

高桑姫華(一宮氏三姉妹殺人)の顔画像は?原因はワンオペ育児でノイローゼか近所の評判から犯人の人物像に迫る!

幼い子どもたちを殺害した高桑姫華容疑者の顔写真はまだ公開されていません。近日中に報道されるのではないかと思います。

殺害現場は自宅で写真に写っている白い家だと思います。

旦那さんは34歳の会社員で、妻は専業主婦、一戸建てのマイホームに3人の子供ということでやりくりは大変だったでしょうが、経済的には困窮しておらず、旦那さんの稼ぎも良く、世間的には恵まれていたのではないかと思います。

高桑姫華容疑者に対する近所の人や友人の声は以下です。

  • 家族仲もよく普通の家庭。子供はかわいい子ばかり
  • 近所に夫の実家があって仲良く行っていた
  • 3世代で一緒にいるところをよく見ていた
  • 子煩悩で明るい
  • 子供に怒って罵声を浴びせることは一切ない
  • 穏やかなママで子供も穏やか
  • 抱っこひもに両サイドに子供でワンオペ育児
  • 庭にプールを出して遊んだり、BBQやったりと本当に幸せな家庭
  • コロナのせいなのか最近見かけていない

近所の人の話からすると

  • 幸せそう
  • 穏やか
  • 仲良し

など、周りの人にわかるような問題がある家庭ではなく、とても幸せで仲睦まじそうに見えたということですね。

ただ気になるのは

  • ワンオペ育児

というところですね。

高桑姫華容疑者はまだ27歳なので21歳で妊娠し22歳で長女を出産したようです。年齢的に大学を出ているわけではないでしょうし、若くて社会をあまり知らない内に結婚して妊娠出産したっぽいですね。

同じ年の子たちはまだ遊びまくっている年頃ですし、話しがあって愚痴が言い合える友達もあまりいなかったのではないでしょうか。

3人のあまり年の差のない子供を育てるのは本当に大変でしょうし、働きに行った方が気晴らしになるでしょうが、なかなか働けないでしょうね。

子育てがワンオペだといっても、旦那さんは住宅ローンと子供のために稼ぐために働いて稼がなければならないでしょうから、責められないと思います。

旦那さんの実家が近いので、子育てをもっと手伝ってもらったり任せたりできたら良かったのでしょうが、義実家も高桑姫華容疑者のストレスになってたのかもしれませんね。

高桑容疑者は子育ても家事も手を抜かず、完璧主義で真面目で思い詰めるタイプに人だったのではないでしょうか。

幸せな家庭のように見られなければという気持ちが彼女を追い込んだのかもしれません。

スポンサーリンク

高桑姫華の犯行はなぜ防げなかった?夫や周囲の人は気づかなかったのか?

高桑姫華容疑者は、経済的な問題や夫婦間の問題があったわけではないのに、無理心中しようとしたという前提で話していますが、無理心中と思われる犯行は防げなかったのでしょうか。

夫や周囲の人が犯行に至る前に気づくことができれば良かったのに・・・と思います。

旦那さんが一番かわいそうですね。きっと自分を責めていることでしょう。

しかし結論から言えば、なかなか周囲は親子心中のサインには気づきにくいということです。

また、コロナのせいで、保育園に預けられなかったり、育児相談もできにくかったりと余計に追い込まれたのかもしれませんね。

人にしゃべるだけでだいぶ気持ちは軽くなるのですが、コロナのせいで気軽に会ったり、飲みに言ったり、ストレス解消のイベントもなくなってしまって、ストレスがたまるのかもしれません。

週刊ポストセブンの記事で、親子心中のサインについて、「子供の虹情報研修センター」の川崎二三彦氏にインタビューしていました。

「親子心中は、それより前に日常的な虐待行為はない場合が多いので、周囲や関係機関は気づきにくい。また、心中の意図があることを隠していつも通りふるまうことも多く、おそらく夫でさえ気づかないでしょう。決断から実行までの時間が短いのも特徴で、その日に思い立って衝動的に行動に及ぶということもあるのです。事前に家族や知人に『死にたい』などと漏らす人もいますが、それを周囲が深刻に受けとめきれず、心中に至ることもある」

NEWSポストセブン

親子心中は周囲は気づきにくく、決断から実行までの期間が短いということです。

臨床心理士の矢幡洋氏は以下のように親子心中のサインについて述べています。

「食欲が減っていたり、夜に寝ても午前3時、4時に目が覚めてその後、全然眠れなかったりしていたら、うつ状態にある可能性が高いので注意が必要です。悲観的なことばかり口にする、極端に口数が減る、といったこともひとつのサインです。『~に狙われている』など被害妄想的な言動が生じると、精神の失調が疑われます。周囲の人は早めの病院の受診を促すべきです」

NEWSポストセブン

心中を決意してたら、手遅れのことも多いということなので、「稼ぎもないのに甘えている」とか「誰でもがんばってる」「母親失格」とか言わずに、お母さんにストレスがかかっていると思ったら、なんとか息抜きさせたり、心療内科を受診させてあげたら良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました