スポンサーリンク

京王線刺傷事件の犯人(服部恭太容疑者)の動機とは?ジョーカーコスプレの真相を調査!

ニュース・事件

2021年10月31日ハロウィンの夜、東京の調布市の京王線を走る電車内で、ジョーカーのコスプレの男が刃物をを振り回し、液体をまいて火をつけるという衝撃的な事件が起こりました。

70代の男性が胸を刺されて重体、16人が怪我ということです。

幸い死者はでなかったようですが、電車内は逃げる人で大パニック!

映像も流れて騒然とした状態が報道されました。

この犯人は逃げもせずに社内でタバコをふかしていて、現行犯逮捕。

名前は服部恭太ということがわかっています。

いったいどういう動機だったのでしょうか。

調べてみました。

スポンサーリンク

京王線刺傷事件の犯人は服部恭太!ジョーカーコスプレでハロウィン夜に無差別刺傷が恐ろしい!

2021年10月31日の夜8時頃、東京調布市を走行中の京王線の電車内で、男が刃物を振り回し、70代男性が刃物で刺されて意識不明の重体、また男女16人が重軽傷を負うという衝撃的な事件ありました。

大勢の人が乗る電車内で、男が刃物で人を刺した挙げ句、油をまいて火をつけ電車内が火事に!

乗客が大パニックで逃げる様子は動画を撮っていた人もいて、ニュースで報道されて大混乱がの様子がわかります。

またさらに衝撃的だったのは犯人の男がジョーカーのコスプレをしていたことです!

ちょうど10月31日はハロウィン!

電車内の人もハロウィンの仮装だと思って見ていたようです。

なんともショックな事件で衆議院選挙の日でしたが選挙結果よりもこの事件の方が気になってしまいました。

犯人はその場で駆けつけた警察官に現行犯逮捕。

犯人の名前は服部恭太ということがわかっています。

服部恭太の分かっているプロフィールは以下です。

  • 氏名:服部恭太
  • 年齢24歳
  • 男性
  • 出身地:不明
  • 住所:不明
  • 職業:不明

ハロウィンといえば渋谷の混乱ばかりがクローズアップされていましたが、まさかこんな事件が起こるなんてなんて日なんでしょう~

恐ろしい~

渋谷で大騒ぎしていられるというのは平和だったということですね。

もしかするとハロウィンって無差別殺人を警戒しなければいけない日になっちゃうかもしれませんね。

このニュースは海外でも大きく取り上げられて、ハロウィンの日にジョーカーの仮装の人が無差別殺人を無差別テロを行ったと動画付きで大きく報道されています。

さてこの犯人の服部恭太の動機は犯行動機は一体何なのでしょうか?

気になったので調べてみました。 

スポンサーリンク

京王線刺傷事件の犯人(服部恭太容疑者)の動機とは?ジョーカーコスプレの真相を調査!

犯人の服部恭太容疑者は警察の取り調べに対して時には以下のように答えています。

容疑を認めており、動機について「仕事で失敗し、友人関係もうまくいかず、6月ごろから人を殺して死刑になりたかった」と供述している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/062b723edc0bc81c35d58fab5df5db109bfeb856

つまり服部恭太容疑者は、仕事や人間関係で失敗してつまずいて、やぶれかぶれになり、死刑になりたいということが動機で無差別テロ的な犯行を犯したのですね。

そしてかなり計画的に犯行を行っています。

  • ハロウィンで人が多いと日程を選択
  • 服や刃物をネットで購入
  • 小田急事件でサラダ油で火がつかなかったからライターオイルを使用
  • 走行時間の長い特急を狙う

また服部恭太がジョーカーのコスプレをしていたという点に対しては以下のように理由を供述しています。

「ジョーカーにあこがれ、事件のために服を買った」

服部恭太はジョーカーに憧れていたということですね。

ここで疑問は、このジョーカーというのはどのジョーカーでしょうか?

服部恭太の犯行時のコスプレを見ると色合いは、紫スーツに緑シャツでヒース・レジャーが演じたダークナイトのジョーカーのコスプレっぽいですね。

このジョーカーというのはバットマンに対する悪役の名前です。

しかし、服部恭太の犯行の動機と重なるのは、2019年に発表されたホアキン・フェニックスが演じた映画「ジョーカー」で、バットマンとは直接関係なく「ジョーカー」と名乗るピエロの扮装のコメディアン、アーサーではないでしょうか。

映画「ジョーカー」ではピエロのコメディアンのアーサーに様々な不幸と格差社会の理不尽が重なって精神の不調をきたし、アーサーが地下鉄で人を地下鉄で殺人事件を犯したことをきっかけにピエロの姿で人々が格差社会に対して暴動を起こす映画になっています。

いわゆるネット用語の「無敵の人」の犯罪が映画ジョーカーです。 

「無敵の人」とは2008年頃にひろゆき氏がブログに書いたことで流行ったネット用語で、仕事もうまくいかず、社会的な地位や家族など失って困るものが何もない人が、世間の衝撃を与え注目をあびる犯罪を犯すことです。

この映画が話題になった当時は、こんな映画が流行って真似をする人が出てくるのではないかアメリカでも心配されましたが、まさかアメリカではなく日本で真似をする人が出てきたというわけですね。

コスプレだけではなく、服部恭太は映画「ジョーカー」真似していてかなり心酔しているようです。

  • 電車内での犯行
  • 犯行の後タバコを吸う

なども映画「ジョーカー」の真似をしているように思います。

服部恭太容疑者も動機からみると、仕事に失敗して友人関係もうまくいかないということから、いわゆる「無敵の人」だったのではないかと思われます。

いわゆる「無敵の人」無差別テロ的な犯行は、以前から年に何回か起こり京アニ事件や秋葉原の死傷事件など死者が多数出るものから、今回の京王線の事件のようなものまで、多数出ていますが抜本的な解決法はありませんね。

日本はアメリカのように銃が使われないだけでまだましなのかもしれませんが。

スポンサーリンク

京王線刺傷事件の犯人(服部恭太容疑者)の仕事は何

服部恭太は「仕事で失敗して」したことなどから、破れかぶれになって死刑になりたいと犯行を起こしたようですが、服部恭太容疑者の仕事は何だったのでしょうか?

今のところ報道では服部今日誰が何の仕事をしていたのか、あるいは何の仕事をしていて失敗して無職になってしまったのかなどはわかっていません。

別の記事によると

「仕事を失って嫌になった。2人以上殺して死刑になりたかった」

供述しているという情報もあるので、おそらく服部昇大容疑者は失業中なのではないでしょうか。

失業しても新しい仕事が見つからないという状況で嫌になって何もかも嫌になってきたのかもしれませんね。

昨今のコロナ禍ではなかなか就職再就職も難しいのかもしれません。

そんなことで無差別殺傷事件を怒ってしてしまうのは起こしてしまうのは、かなり特殊だとは思いますがこのような無差別テロ事件を起こさないためにどうすればいいのか、今後続けて同じような犯行がおこらないかと不安ですね。 

スポンサーリンク

京王線刺傷事件の犯人(服部恭太容疑者)の動機が気になった方への関連記事

京王線刺傷事件の犯人の動機が気になった方へ以下の関連記事もおすすめしています。

よかったらお読みください。

アレック・ボールドウィンの誤射死亡事故はなぜ?実弾か空砲暴発か原因の謎に迫る!

ハリーナ・ハッチンズ(アレック・ボールドウィン誤射事故で死亡)の顔画像は?美人撮影監督の家族や経歴について調査!

事業家集団・環境(オンラインサロン)の使ってる名前は?勧誘方法は?店はどこ?マルチ商法まとめ

小室佳代が働いていた軽井沢の喫茶レストランはどこ?バイト先の場所や店名を調査!

コメント

タイトルとURLをコピーしました